読みたいことを、書けばいい。

昨日も意外と寝苦しかった札幌

しかし、日中は落ち着いた気温で過ごしやすいです!

 

こんにちは

札幌で販促アドバイザーをしている 山谷みきおです

 

読みたいことを、書けばいい。

ブログを書いていて、いつも悩みながら、文章を書いております。

「相手に伝わるようにするにはどうしたら良いのか?」

そんな時に、本屋さんで目にとまったのが、この本「読みたいことを、書けばいい。」著 田中泰延 ダイヤモンド社

読んだ後に、少し霧が晴れたような感覚になった一冊です。

2019-08-11 11.54.36

 

「ネットで読まれている文章の9割は随筆」と出てきます。

随筆とは「人間は、事象を見聞きして、それに対して思った事考えたことを書きたいし、読みたい」と定義しておりました。

「事象の事を突き詰める方が、研究者やジャーナリストで、心象の方を書くのが、小説家や詩人である」と、その間が随筆でライターだというようなことがかかれております。

ブログを書くときはライターとしての立ち位置を確認することが大事

しかし、「その事象に自分がはっきり感じる重みや実態があるのか」が大事だと言う事も書かれておりました。

ただ文章を書くだけでなく、自分がやってきた事、やっている事を文字にしないと空虚になってしまう。

文章を書くと言う事はやはりそれだけの裏付けとなる経験と勉強が必要であると感じさせられました。だからと言って、今書けないと言う事ではなく、今の段階での自分自身で感じていることを、書けばよいと思いました。

それは、世の中にもっと文章が上手く、影響力のある人がいるかもしれません。でも、自分自身が好きな事を書くことで、それが結果的に誰かに伝わり、変化ががおこって行けばありがたいなぁ~と思います。

 

何を書くのか?誰に書くのか?どう書くのか?なぜ書くのか?を順に説明しておりますが、HOWTO本のようなものではありません。

何か教えてもらえると思ってこの本を読んで、がっかりされている方もこの本のレビューを書いてある人におりました。

しかし、ブログなど文章を今現時点で書いていて、迷っている人には大きなヒントになる本ではないでしょうか?

 

田中氏は電通に入り独立して、コピーライターをしております。

そこで培われたことをコラムとしてこの本に書かれているので、そこだけを読んでも、広告に携わるものとしては面白かったです!

読みたいことを、書けばいい。」著 田中泰延 ダイヤモンド社


2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログを書いている人

mikio 所属:

2020年賀状印刷