アパレル撤退、株価下落、それでもZOZOは大丈夫だと思う。

今朝は暴風雪だった札幌

それでも、市内の雪の量は少なめで、走りやすいです

 

こんにちは

札幌で販促アドバイザーをしている 山谷みきおです

 

アパレル撤退、株価下落、それでもZOZOは大丈夫だと思う。

先日、世間を色々にぎわしているアパレルの通販サイト「ZOZOTOWN」を経営している前澤氏

zozo01

色々なブランドが、ココのサイトで一気に買えると言う事で、色んな所に見に行かなくても、家で服が買えちゃいます!

 

ゾゾスーツの衝撃

私が最初に興味を持ったのはゾゾスーツの販売の時です。

全国の人たちに、体のサイズを計測するスーツを1000万着無料配布すると言う企画でした。

最初は広めないといけないので、投資が必要ですが、こんな思い切った投資を誰が出来るでしょうか?

私も購入しましたが、購入者が殺到したため何か月か待ちました💦

なかなか計測が上手くいかなかったものの、何回かトライしてようやく登録できました!すると、ZOZOブランドのオクスフォードシャツがオーダーメイドで手に入ると言う事でどんなものか?注文!

注文してから届くのに1カ月くらいかかりましたが、届いたのを試着してみるとピッタリでした!

ネットでは試着が出来ないと言う消費者の不満を解決したのです!

合計1億円プレゼント

先日は初売りイベントで、100億円を超えたと言う事でお礼にTwitterをフォローとリツイートしてくれた人の中から、100人に100万円合計1億円をプレゼントと言う企画をして、リツイート数世界一になりました!

当選した人は、何に使いたい!等夢を持った人にわたっているようです。

それに、賛否両論!

確かに今までの日本人的な価値観からいうと、チョット下品な感じがしますが、今の時代、貧富の差が拡大していることは事実。

日本は一億総中流階級から、格差社会になってしまったのです。

それが良いか悪いかはわかりませんが、事実そうなってしまったと言う事、

1億をそんな配り方するなら、配当に回せと文句を言っている株主がいるが、ちまちま文句言わずに、嫌なら株を売る、本当に意見があるなら直接言う事が大事かと思います。

株主はその会社を支持する人、良くなってもらいたいと思っている人が持つのが本来の姿かなと思います。

アパレルブランドZOZOTOWNから撤退

23区やearth music&ecologyで有名なオンワードさんが撤退と言うニュースが流れました。

理由は手数料や自社サイトの充実から決めたと書かれており、他のはなれていくところの原因は割引によるブランド価値の低下と言う事でした。

 

ZOZOTOWNは危ない?

社長もお金遣い荒いし、ブランドも撤退しているし、株価も下がっているし、もう、ZOZO危ないよね?と思う人もいるかもしれません。

でも、ZOZOTOWNで買い物をしていると、物凄い使いやすいです!

ユーザーフレンドリーと言うのでしょうか?

スムーズに自分の探したいものが探せて、ワンクリックで購入可能!

好きなブランドを登録し、その中から、自分の欲しいものをしてい出来て、一覧でみられる!

ゾゾスーツで計測しているので自分に合うサイズかわかる!

自分のカゴには入らない仕組みになっていて、洋服のサイズごとの残りの枚数もわかりやすく明記され、買い物カゴに入れられている商品は、きちんと表示され、残り1個の商品をカゴに入れておけば、安心して、他のが見られる!

色々、お客様が使いやすいのです。

アパレルのアマゾンと言う感じです!

このユーザーフレンドリーが続く限り、ZOZO1強は続くのではないでしょうか?

 

最後に

アパレル小売店はどうしたら良いのか?

小売店で試着してZOZOTOWNで購入。

そんな下品な流れもありそうです。

では、どのように、自分のお店で買ってもらえばいいのか?

それはお店に来てくれる人や自分を知ってくれている人を大切にするって、事じゃないでしょうか?

同じ買うなら、あの人から買いたい!と思ってもらえるようにならなくてはいけません。

大量生産・大量消費時代はお客様をいかに効率よくさばくか?と、お客様をお金のように扱っていました。

その少なくなっていった、お客様とのやりとりが大事になってくるのではないでしょうか?

息子さん大きくなったね!とか、最近どう?とか戦後よく合った風景が、形を変えて大切になってくる。

今はSNS等でも、色々コンタクトが取れる時代!

お客様とコミュニケーションをとっていくことが大切ですね!


2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログを書いている人

mikio 所属: