* You are viewing Posts Tagged ‘小樽’

小樽雪あかりの路2019 ちえちえツアー後半


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟おたる案内人1級の智恵子です。

小樽雪あかりの路2019の続きです。旧三井銀行小樽支店を後にすると、すでに日が暮れて、いい感じの暗さになっておりました。

小樽郵便局前には切手の入ったアイスキャンドルが!

小樽郵便局前には切手の入ったアイスキャンドルが!

※小樽雪あかりの路の切手シートが欲しかったのですが、すでに完売でした。残念〜〜〜〜

メイン会場の手宮会場

写真を撮りながら、手宮線跡地を歩きました。手宮線は、日本で3番目にできた一般営業鉄道です。幌内炭田から石炭を小樽港から運び出すために作られました。現在は廃線ですが、夏場は散策路として整備されていて、歴史を感じつつ、癒される場所として、活用されています。

押し花のアイスキャンドル

押し花のアイスキャンドル

ワックスボールの広場

ワックスボールの広場

ハートとペンギン

ハートとペンギン

お花型のスノーキャンドル

お花型のスノーキャンドル

3匹のフクロウと押し花

3匹のフクロウと花火の押し花

手宮会場入り口の写真スポット

手宮会場入り口の写真スポット

写真を撮り忘れましたが、中華料理「くろ」前にてお店を出していた「サニーデリセッコ」にて、ドライリンゴのホットサングリアをいただきあったまりました〜〜〜川島さんありがとう!

旧磯野商店倉庫 ダイニングバー「ISO(いそ)」

ディナーは、レンガ造りの2階建ての歴史的建造物を再活用している… Continue Reading

小樽雪あかりの路2019 ちえちえツアー


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟おたる案内人1級の智恵子です。

今年も待ちに待った「小樽雪あかりの路」に行ってきました!

私が小樽雪あかりの路が大好きな理由は、あったかさです。

今年、第21回目を迎える「小樽雪あかりの路」。今や冬の北海道を代表する風物詩に成長してまいりました。今回も、「人のぬくもり」を大切に、一人ひとりのボランティア、市民が手づくりの「あったかさ」を込めて、訪れた人をおもてなしします。移ろいやすい時代だからこそ、いつまでも変わらない「あったかさ」を大事にしています。

  《小樽雪あかりの路HPより》

札幌から #美女四天王 という怪しいハッシュタグをつけた4人組で、高速バスおたる号に乗って、出かけました。

昨年は、うっかりスイーツを工程に忘れておりましたのでまずスイーツを!

昭和3年創業の洋菓子店「米菓堂」

行ってみたかったけど、なかなか一人で入る勇気のなかった「米菓堂」(べいかどう)さんへ!

なかなかハードルの高い外観「米菓堂」

なかなかハードルの高い外観「米菓堂」

花園銀座商店街にあります。こちらで有名なのは、マッサンとリタのリタが愛したというアップルパイ!

お店に入って右側にショーケースがあり、その奥に喫茶コーナーがあります。残念ながら、噂のアップルパイが1ピースしかありませんでした〜〜〜失敗です!予約すべきでした…売り切れるほど、人気のようです。

渋い店内でそれぞれ好きなケーキを頼みました

渋い店内でそれぞれ好きなケーキを頼みました

私が頼んだモンブランも美味しかったです!アットホームな接客も小樽らしいポイントです。

「金融資料館」日本銀行旧小樽支店で1億円体験!

最初の工程にはなかったのですが、入ったことないということで入場も無料だし、ちらっと入ってみることにしたのが「金融資料館」です。北のウォール街と小樽が呼ばれた所以でもある立派な歴史的建造物です。

日本銀行旧小樽支店の建物は、赤レンガで有名な東京駅の設計者・辰野金吾とその弟子である長野宇平治らが設計し、1912(明治45)年7月に完成しました。辰野金吾は、日本銀行本店や東京駅をはじめ全国各地に数多くの建築作品を残すとともに、日本の近代建築の礎を築いた人として知られています。  《金融資料館HPより》

吹き抜けの天井や金庫、北のウォール街のミニチュアなんかの展示をささっと見てメインの1億円持ち上げ体験を!

1億円持ち上げます〜〜〜

1億円持ち上げます〜〜〜

以前は、一つしかありませんでしたが、今回2つありました!人気の体験のようですね。

1万円札への顔ハメもありました!

1万円札への顔ハメもありました!

 

旧三井銀行小樽支店にて@マルシェ!

めっちゃ楽しみにしていたのは、旧三井銀行小樽支店でのあったマルシェ

とっても美しい歴史的建造物の中で、センスのいい雑貨屋さんが出店されます。34店も参加ということで、昨年よりかなりボリュームアップ。見応えたっぷりでした〜〜〜

旧三井銀行小樽支店1階より

旧三井銀行小樽支店1階より

大理石のカウンターに、素敵なアクセサリーなどが並びます。どのお店もセンス抜群。

Continue Reading

小樽の歴史的建造物の「小樽和菓子工房游菓(ゆうか)」


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟おたる案内人1級の智恵子です。

昨日に続いて、小樽の歴史的建造物のご紹介をしたいと思います。

小樽の歴史的建造物 旧塚本商店 旧丸市後藤商店

あれ?昨日と同じじゃん!スミマセン、そうなんです。昨日と同じ建物です(笑)

歴史的建造物の旧丸市後藤商店

歴史的建造物の旧丸市後藤商店

この建物の向かって右がお蕎麦やさん「小樽北勝庵」で向かって左が「小樽和菓子工房游菓(ゆうか)」です。

小樽和菓子工房「游菓」

小樽和菓子工房「游菓」

紫の暖簾が目を惹きます。

2017年にオープンしていて、前を通るたびに気になっていたのですがなかなかタイミングが合わず…

のぼりとお店前のPOPを見て、冷凍みかん大福が食べたい!!

冷凍みかん大福

冷凍みかん大福

でも大福にみかんって、どうなんだろう…という疑問もありました。とりわけ果物が好きーーー!ってわけではないので大福は、豆大福とか草大福とかを選んで買ってしまいます。

でもこのお店は「冷凍みかん大福」だろう!と意を決して、購入。

 

宴会の前に買ったので、家に帰ってから食べてみました。

游菓の冷凍みかん大福

游菓の冷凍みかん大福

もちろん全解凍で、めちゃジューシーーーーーー!めっちゃ美味しい!!いやびっくりするほど、美味しかった!大福の皮の厚さもちょうど良く、すっかり気に入りました。また、食べたいわーーー

今度は、半解凍にチャレンジしてみたい。

HPで情報を検索してみたら、なんとどら焼きが美味しいらしいです。小樽地鶏の卵や道産の小麦や小豆を使った優しい甘さとか。今度は、どら焼きも買わなきゃね〜

 

小樽和菓子工房游菓(ゆうか)

〒047-0031 北海道小樽市色内1丁目6−27営業時間 9:00~18:00定休日 木曜日

 

 

アイムは、あなたの想いを発信します!!

とってもためになるマーケティングコンサルタント藤村正宏師の ブログも見てね!↓↓↓↓

藤村正宏ブログ

小樽の歴史的建造物のお蕎麦やさん『小樽北勝庵』


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟おたる案内人1級の智恵子です。先日、NPO法人小樽民家再生プロジェクトの新年会を小樽の歴史的建造物で行いました。

小樽の歴史的建造物 旧塚本商店 旧丸市後藤商店

色内通りにあり、黒い外壁が異彩を放っています。何年か前に綺麗に塗り替えられて、再活用されていましたが、1階が空いていました。そこへ昨年、新しいお店が誕生!

色内通りにある旧丸市後藤商店

色内通りにある旧丸市後藤商店

お蕎麦屋さん『小樽北勝庵』が1階に入りました〜〜〜こじんまりとした店内。北海道産のそば粉、北海道産昆布と本鰹のだしを使った十割蕎麦。米粉とトウモロコシ粉を使用した天ぷら。などが特徴。

この日はNPOの新年会でした!

この日はNPOの新年会でした!それぞれが好きなものを頼むスタイル。

私が「素敵!」って思ったのは、骨董の器を使っていたこと!器にカケやツギがあったりするんです。その味わいを楽しむなんて、小樽らしい〜〜〜

小樽北勝庵のこだわり

小樽北勝庵のこだわり

「小樽北勝庵のこだわり」の中に、「骨董の器」という項目があり、

古くは江戸時代、明治から大正、昭和戦前までの器を使用しているため器には「カケ」や「ツギ」が見られるものもございます。味わいのある美しい器を、どうぞお楽しみください。

と書かれています。愛がないと、こんな文章は書けないな〜〜〜って。

オーナーさんの想いを聞いて、こうやって伝えたデザイナーさんもきっと愛があるに違いないです。

古い建物を愛する気持ちのある方に活用してもらえて建物も喜んでいることと思います。

 

こちらの旧まるいち後藤商店は、大正9年(1920)に建てられた木骨鉄網コンクリート造2階建です。防火のために、外壁をコンクリートで塗り固め、出入口や窓を防火戸で覆う工夫を施しております。昭和63年に第1回小樽市都市景観賞に選ばれました。

 

小樽北勝庵

〒047-0031 北海道小樽市色内1丁目6-27小樽駅から運河へ向かって歩いて、約7分です。

 

アイムは、あなたの想いを発信します!!

とってもためになるマーケティングコンサルタント藤村正宏師の ブログも見てね!↓↓↓↓

藤村正宏ブログ

手描きPOPが楽しい!北海道ワイン「ワインギャラリー」


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟POP広告クリエイターの智恵子です。

先日、ずっと行きたいなと思いながら、前を通り過ぎていた小樽市朝里川温泉にある北海道ワインの売店「ワインギャラリー」に寄ることができました。

閉店時間ギリギリ

閉店時間ギリギリ

ワクワクしながら入りました。

羆くんがお出迎え

羆くんがお出迎え

ワインにたどり着く前に、なにやらいろいろ置いてあります(笑)

なかなかの広い店内

なかなかの広い店内

工場の一角にある程度かと思っていましたが、なかなかの広さ。観光バスでのお客様も来るので、通路のスペースも広いです。

入り口にど〜ん!と福袋セット!

入り口にど〜ん!と福袋セット!

凝ったディスプレイがされております。

手描きのPOPと店員さんの写真がいいですね!

ソムリエの厳選セット

ソムリエの厳選セット

日本と香港のワインコンクールで受賞したワインのセット

「北海道」ワイン共通ロゴ決定のニュース

「北海道」ワイン共通ロゴ決定のニュース

北海道産ぶどう100%使用していることなどアピール

生産者のイラスト入りの大作

生産者のイラスト入りの大作

「もうボルドーはいらない!!」の飛び出しPOPがとても目を引きますね。この勢いで、つい買いたくなってしまいます。

小樽出身の漫画家さんの描き下ろしのイラスト

小樽出身の漫画家さんの描き下ろしのイラスト

北海道ワインで有名な「ナイアガラ」が好きな漫画家さんが描いたイラストも!

試飲もできますし、醸造所ガイドツアー(有料/要予約)なんかもあるようです。

全然時間がなかったのが残念ですが、… Continue Reading

父の一年祭を小樽朝里クラッセホテルにて


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟お客様のファン創りのお手伝いDMアドバイザーの智恵子です。

11月17日は父の一年祭(一周忌)を小樽朝里クラッセホテルにて行いました。

風雅にて

お供物には、父が大好きだったウニを真ん中に(笑)

兄弟だけに声をかけました。お葬式の時は、慌ただしくて、ろくに話もできなかったという声もありホテルでゆったりと一泊してもらうことにしたのです。

父は、そんなに話をベラベラするタイプではありませんが親戚が仲良く集うことが大好きでした。

一年祭の後は、みんなで夕食を。

お兄さんの挨拶

風雅にて会食

和室のお部屋で、テーブルと椅子席なので、とっても落ち着きます。

父の好きなアワビも!

父の好きなアワビも!

ロブスター

ロブスター

これもアワビ!うまーーー!

これもアワビ!うまーーー!

お腹いっぱい食べた後のデザートも大盛り!

お腹いっぱい食べた後のデザートも大盛り!

めっちゃ豪華な夕食でした!

ホテルは満室で(嵐やドリカムなどコンサートのためかな?)とても忙しかったにも関わらず突然の懇親会の申し出を快く受け入れてくれてその場所を使わせていただきました。感謝!

そして、父の形見分けをしました。おしゃれが好きだったので、いい服が割とあります。小柄な父だったので、サイズによっては、女性でも大丈夫なものも!私は父のジャケットとくつ下いただきました(笑)兄弟も小柄な方が多いので、それぞれ似合う洋服などを持って行ってくれました。喜んでもらえたのが嬉しいです。

温泉にゆったりはいって、ゆっくり寝て、また朝も温泉から!朝食はバイキング。前日にお腹いっぱい食べたのに、なぜかホテルの朝食って、美味しくたべれるんですよね〜

 

アイムは、あなたの想いを発信します!!

とってもためになるマーケティングコンサルタント藤村正宏師の … Continue Reading

和日咲美研究会主催の小樽神社めぐり


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟おたる案内人1級の智恵子です。

6月16日土曜日は、一般社団法人和日咲美研究会主催の小樽神社めぐりをしてきました〜

和日咲美研究会 理事の福原えりこさんが「龍宮神社」「住吉神社」「水天宮」の三つの神社を選び、初めて神社をめぐる人にもわかりやすく参拝の仕方から説明してくれました!

榎本武揚が建立した龍宮神社

小樽駅に集合して、徒歩5分先の龍宮神社。天気も良く、青空がとてもきれいでした!

龍宮神社

龍宮神社

ここは、榎本武揚により建立された神社で和田都美神 海の神様、食物の神様などが祀られています。元々アイヌ民族が祭事を行っていたとされる場所でもあります。

鎮座百五十年迎える住吉神社

バスに乗って、住吉神社前で降りると、緑豊かな境内があらわれます。ちょうど今年の平成30年で、鎮座150年を迎える住吉神社は、節目ということもあり、ちょうど参道整備、社殿内外の修繕の最中でした。

住吉神社前で神様などの説明を

住吉神社前で神様などの説明を

ご祭神の説明板

ご祭神の説明板

ご祭神は、底筒男命、中筒男命、表筒男命、息長足姫命。海上航海の神と神秘的な女性の神様です。

時間もお昼を周り、お腹がすいてきたので

プリン専門店アンデリス

住宅街にポツンとあるアンデリス

住宅街にポツンとあるアンデリス

アンデリスは、住宅街の中にポツンとあるにも関わらず小樽市民はもとより、札幌からもお客様が訪れるプリンの専門店です。プリン大福が有名です!前回、プリン大福を食べたので、今回はプリンどら焼きをいただきました〜後で食べようと思ったのですが外へ出ると皆さん食べていたので、一緒にいただくことにしました(笑)

昭和初期の趣あるそば処いろは

プリンを食べて、すぐにお昼です(笑)

南小樽駅近くの「いろは」は、北海織物株式会社の社屋を改装したものです。古い建物ですが、板間は黒光りして、とてもきれいに使われています。ステンドグラスや調度品も素敵です!

温かいつゆにつける鴨せいろ

温かいつゆにつける鴨せいろ

そばは、田舎そばと更科を選ぶことができます。ランチタイムは、フリードリンク付きです。

 

ゆっくりと昼食をいただいたあとは、メインの水天宮へ。簡単に行ける道もありますが、あえて急な旧参道をのぼりました。食後の運動にもなりますね(笑)

小樽港を一望できる水天宮

本殿と拝殿が小樽市指定歴史的建造物となっている水天宮。かっこいい建物です。こちらには、水の神、食物の神と国を作った伊邪那岐神、伊邪那美神が祀られています。

ちょうど例大祭で、露店が出ていました。

水天宮例大祭でした!

水天宮例大祭でした!

[caption id=”attachment_16760″ align=”alignnone” … Continue Reading

小樽の三大神社めぐり


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟おたる案内人1級の智恵子です。

先日、和日咲美処の茶話会にて「神社巡りをしよう!」という話が持ち上がりました。最近、たくさん御朱印帳が売られているのでちょっと興味はあったのですが、横目で見ているだけでした。

チャンス到来です。すかさず「小樽の神社巡りがしたい!」と声をあげました!

そこで、みんなの賛同も得て和日咲美処のイベントとして、小樽神社巡りをすることになりました。

で、和日咲美研究会の代表の福原さんと一緒に小樽に下見に行ってきました!

巡る神社は福原さんが調べてくれて住吉神社、龍宮神社、水天宮の3つの神社をお参りすることになりました。

小樽駅から出発です!レッツゴー!

小樽駅から出発です!レッツゴー!

おたる案内人の私がリード!と思っていましたが…初っ端から反対方向へ進んでしまったのは、ナイショです。

榎本武揚も合祀されている「龍宮神社」

まずは、小樽駅から歩いて5分ほどにある龍宮神社へ。

神明造の龍宮神社

神明造の龍宮神社

1869年に榎本武揚が桓武天皇を奉祀したのが始まり。ワダツミの神、海の神様が祀られています。もともとはアイヌの人たちが祭り事を行う場所だったそうです。

榎本武揚像

北海道開拓使 榎本武揚 像

横に線路が通り、社務所の隣には、石蔵を利用したラーメン屋「龍仁」があって見所満載!

 

道内最大規模の木造建築の社務所がある「住吉神社」

小樽駅からバスに乗って、南小樽駅近くの住吉神社へ。

参道が工事中でした

参道が工事中でした

国道5号線から通常ならまっすぐ歩いていけるのですがただ今、参道工事中でした。平成30年に鎮座150周年を迎えるということで高齢者にも登りやすく、一部ロードヒーティングにして冬も参拝しやすくするようです。

住吉三神を奉る住吉神社

住吉三神を奉る住吉神社

ご祭神は、底筒男命、中筒男命、表筒男命、息長足姫命。海上航海の神と神秘的な女性の神様です。

人生の節目にお参りすると縁起が良いそうです。

 

道内最大規模の木造建築の社務所

道内最大規模の木造建築の社務所

市の歴史的建造物でもある社務所ですが、こちらは前じゃなかったようです…

 

小樽港が一望できて、桜の名所でもある「水天宮」

住吉神社から海の方へ下って行くと「水天宮」があります。私も大好きな場所です!

Continue Reading

小樽の知る人ぞ知るシロクマ食堂へ


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟おたる案内人1級の智恵子です。

先日、小樽でランチを食べる機会がありました。

大きな看板もないけれど、美味しいということで有名なシロクマ食堂へ行ってきました!

北運河の近く、色内にあります。

とってもシンプルな外観

とってもシンプルな外観

窓にシロクマ食堂の看板

窓にシロクマ食堂の看板

手描きのかわいい看板があります。

とても上手な手描きPOP

とても上手な手描きPOP

シロクマさんの絵かわいい〜〜〜〜

カウンター席だけのこじんまりしたお店です。

店内にもシロクマさんがいっぱい!

店内にもシロクマさんがいっぱい!

コルクに刺さって、立っているPOPもかわいい!

もうシロクマーシロクマー

もうシロクマーシロクマー

シロクマアイスの黒板!

シロクマアイスの黒板!

後ろを振り返ると、シロクマアイスの黒板が!これを見て、思い出しました!!!

チームナックスがここに来ていました〜〜〜イスの裏に秘密があったのです!(写真はきれてしまってますが…)

チームナックスは何を食べていたのかは思い出せずスキレットで出てくるパスタを注文!

エッグミートソース

エッグミートソース

うまーーーー!!!久しぶりにお店でミートソースを食べましたが、美味しいです!

チームナックスが食べたのも気になります。

なんとも言えない小樽っぽい雰囲気もいいです。

小樽でのいろんな体験が私にはとても嬉しい!でもアウェイ感があるので小樽人と一緒に来るとまた違うと思います。… Continue Reading

北海道小樽が舞台のマンガ「聖樹のパン」


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟おたる案内人1級の智恵子です。

おたる案内人1級を持っている私ですから私はもちろん小樽が好きです。

小樽が舞台のマンガがあると知って、すぐに購入しました。

それが、『聖樹のパン』(まさきのぱん)です。

山花典之原作、たかはし慶行作画のこのマンガはパン職人の聖樹が東京から北海道小樽にある美人姉妹が営むベーカリーペンションにやってきて小樽の素材を駆使して、美味しいパンをつくっていく物語です。

マンガのタッチもキレイですが背景に描かれる小樽の景色がとっても素敵なんです。

第1巻は船見坂の表紙

第1巻は船見坂の表紙

見たことある風景がいっぱい登場するし小樽の美味しい水の話や小樽ワインなどどれをとっても、読み進めていくのが楽しくて仕方ありません。

そして、パンの説明もとても細かく描かれているのでパン好きにもたまらないはずです。

途中には、パンのレシピもついています!!そう!物語の中に登場したパンが自分で作れちゃうんです!

私は作りませんが…誰か作ってくれたら、食べますよ〜〜〜(笑)※その前に私にはそのレシピの文字が小さくて、読めません…

 

ただいま4巻まで発売中です!買うなら、4巻セットで買うといいですよ。なぜか3巻が全然手に入らず、しばらく哀しい思いをしましたので…

 

アイムは、あなたの想いを発信します!!

とってもためになるマーケティングコンサルタント藤村正宏師の ブログも見てね!↓↓↓↓

藤村正宏ブログ

1 / 1012345...10...最後 »