封筒は1色で社名だけ書いてあればいいと思ってませんか?

朝から雨の降り続いている札幌

気温も低く、夜には雪になりそうです!

 

こんにちは

札幌で販促アドバイザーをしている 山谷みきおです

 

封筒は1色で社名だけ書いてあればいいと思ってませんか?

普通、会社の封筒と言えば、皆さんはどんなものを想像するでしょうか?

社名と住所、電話番号、FAX番号が書いてあるもの

最近はURLが書いてあるものもありますが、ただ書いているだけって言うのも多いのではないでしょうか?

でも、せっかくお客様の手元に行くものですから、少し、工夫してみても良いかも知れませんね。

例えば、会社のキャッチコピーや大切にしていることを伝えたり

2019-11-07 13.19.17

「あなたのお店のファンづくりを応援します!」うちの会社では、お客様のファン創りをお手伝いしているので、その想いを書いております。

すると、受け取った人は「アイムさんはこういうことを大切にしているんだなぁ~」と何気なく思ってくれると言う事です。

そして、何かDMを送る際にはもっと伝わるように工夫した封筒をお送りします。

2019-11-07 13.14.17

「元気な企業はやっぱりオリジナル!」と言う年賀状案内です。

これが来ることによって「あっ年賀状の案内が入っているんだな」と心構えをして開けてくれるようになります。

期待と中身が一緒って大事な事ですね。

販促用封筒3つのメリット

・封筒を見ただけで中身がわかり、心構えしてから開いてもらえる

・封筒をみて、会社の想いを知ってもらえる

・開封してもらえる可能性が高まる

封筒を販促に使おうなんて考える人は少ないかもしれませんでも、封筒でお客様の反応が変わると思います。

だって、会社の名前だけの封筒が来た時「請求書かな?案内かな?売込みかな?」何が入っているかわからないもので、覚えていない会社の名前の場合そのまま捨ててしまわれるかもしれません。

お客様が資料請求したはずのカタログですら、封筒開ける前に自分で頼んだにもかかわらず「何だよコレ!」と思ってしまう事すらあります。

だからこそ、きちんと封筒に想いを載せることが大切だと私は思います。


2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログを書いている人

mikio 所属:

2020年賀状印刷
ひだか銀聖祭