LINE@のお店からの案内はクーポンだけで良いの?

今日は快晴の札幌

冷え込んでいますが、気持ちの良い日です

 

こんにちは

札幌で販促アドバイザーをしている 山谷みきおです

 

LINE@のお店からの案内はクーポンだけで良いの?

最近、小売店ではLINE@を使って、販促する所も多くなっております!お客様と直接つながれて、しかもコストが低い、便利なツールですね!

LINE@登録してもらうとソフトドリンク無料!とか、一皿サービスなんてものもあり、得するので結構気軽に、フォローする人も多いと思います!

皆さんはどの様に使ってますか?

私は販促アドバイスの仕事もしているので、特典が無くてもなるべくフォローはしております。多くのお店をフォローしていると、そのお店の特徴みたいなものが見えてきます!もったいないなぁ~と思う事も多々あります。

その例がコチラ

2019-12-13 14.35.31

毎月一日になると、自動で繰り返しているだけ?と言った感じのメッセージ・・・💦

これを送られたお客様って、喜んで来るのかな?私は「いつもの来たな(無感情)」となってしまいます。別にこのお店が嫌いなわけではありませんし、月に一度くらいしか来ないので「まぁ、ブロックしなくても良いか?」と思う位です。多分、何回かでブロックしてしまう人も多くいるのではないでしょうか?

せっかく送っているのにもったいないですよね?

次の例が

2019-12-13 14.36.35

さっきのモノより人間味がありますね!

最初は良いのですが、大体定型でこの形なので「また、ここからか(無感情)」となってしまいます。

LINEは元々、コミュニケーションツールとして作られているので、人は感情で動いているのです。お店だってそこに人がいるはずなので、もっと、人の感じを出していきましょう。

 

LINE@でのせたら良い内容

・お店の新商品や新メニュー

例えば、

飲食店「3日間限定で台湾まぜそばやります!」

アパレル「この冬に使い勝手の良いストール入荷しました!」

・お店であった出来事

例えば、

飲食店「○○イベントに参加して、一位取りました!なので、お祝いします!」

お店全般「今日はお店が10歳の誕生日です!」

・お店のプロとして役立つ情報

例えば、

飲食店「うちの餃子の秘伝レシピ教えます!」

アパレル「今年の冬の流行のコーデはコレ!」

化粧品「この冬の時期はお肌がどうして荒れてしまう家で出来る対策はコレ!」

 

お店の一円の得にならない情報でも、損するような情報でも流すことが信頼につながり、ファンになってもらう事が大切!その中で、一番大事なのは店長やスタッフの顔や性格がわかるような発信です!

飲食店「東京で食べた台湾そばが美味しくて、そこの店長に何度もお願いして、教えてもらったレシピで、明日から3日間だけ限定で提供します!」

「この冬に使い勝手の良いストール入荷しました!商品が到着して、店長自ら即買い!(笑)今年買ったグレーのコートに合わせようと張り切ってます!」

と言うと、なんか人間味が感じられて、納得するのではないでしょうか?

 

LINEはこちらの都合で送っているのです。だからこそ、送られた人がうれしい情報やためになる情報じゃないと、すぐにキャンセルされてしまいます。だからこそ、お店の個を出した発信で、きちんと人が発信しているよ!と伝えていくことが大事ですね!

 

アイムではそういった相談も承っております!

はじめての方はミラサポで「山谷 満紀夫(やまやみきお)」を指名してください!無料で伺えます!


2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログを書いている人

mikio 所属: