勉強するSDGsシリーズ 目標12【つくる責任 つかう責任】

2月が始まり大雪も落ち着いたと思ったところに

再び大雪で交通事情が大変な札幌です

 

こんにちは

札幌で販促アドバイザーをしている 山谷みきおです

 

勉強するSDGsシリーズ 目標12【つくる責任 つかう責任】

SDGsを勉強するのが大変なので、自分なりにまとめて、ブログで発信していきながら勉強して行こうシリーズ第12段

SDGsとは持続可能な開発目標で17のグローバル目標と169の達成基準となる2030年までの世界の行動目標です

勉強するSDGsシリーズ 目標12【つくる責任 つかう責任】

現在の世界では8億人もの人たちが食べるものを食べられず、飲むものも飲めずに飢餓に苦しんでいますが、

2050年人口が96億人に達し、食料需要量が約69億トンに達して、地球と同じ惑星をほぼ3つしなければ今と同じライフサイクルを送ることは困難であると言われていて、

世界中では現在の2.5倍にもなる20億人の人たちが飢餓に苦しむと言われています。

つくる責任 つかう責任 取組

1.ファーストリテイリング

大手衣料販売店のユニクロは、服のリサイクルやリユースを実施。服から服へのリサイクル、服から燃料・素材へのリサイクルのほか、支援としてリユースを行っている。

ユニクロのリユースは、店舗で回収した衣料を、ニーズに合わせて被災地や難民キャンプに届ける取り組みだ。限られた資源の循環と二酸化炭素排出削減に貢献している。

2.株式会社永谷園ホールディングス

2017年5月、全商品の賞味期限延長の可能性を検討し、75アイテムの賞味期限延長を実施

バイオマスプラスチック包装資材の導入

需要予測の精度向上による流通在庫減・欠品防止を徹底

3.イオン株式会社

2019年9月に発足した「10×20×30食品廃棄物削減イニシアティブ」に選出され、2030年を期限に食品廃棄物半減を目指す

賞味期限が1年以上の加工商品を対象に賞味期限表示を「年月日」から「年月」に変更

恵方巻の「食べきれない問題」を解決するためにハーフサイズの種類を13種類に増加
2007年に小売業者として初めてレジ袋の無料配布を中止

私たちに何ができるのか?

3R…リデュース(Reduce)ゴミを減らす,リユース(Reuse)再利用,リサイクル(Recycle)生まれ変わらせて使用するを意識して生活する事が大事です

アイムとしてはオンデマンド印刷で紙ごみの削減、FAXに裏紙を再利用、断裁された紙は業者さんに持って行ってもらってリサイクル

個人としては賞味期限の近いものから選んでます。あとはジモティーなどを使って使わなくなったものを使う方に届けてます。

 

 

 


2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログを書いている人

mikio 所属:

2022お年始カレンダー