みきお酒場放浪記「小料理なごみ」

今宵は

酒場と言う聖地へ

酒を求めて、肴を求めさまよう

みきお酒場放浪記

 

今回は札幌からちょっと足を延ばして、北広島まできました。と言っても、駅から徒歩1分、JRを利用している人にはススキノより近い感じがします。

今回のお店はコチラ

小料理なごみ02

入口はちょっと敷居が高そうな感じの「小料理なごみ」さん

個室で3部屋(つなげても使えます)とカウンターのお店

いつもは、コース料理やイベントで来ているのですが、今回は初めてカウンターに座ってみました!

お通しはホタルイカ

小料理なごみ03

出汁のジュレと一緒に頂き、陶器に入れたビールで、上品な感じがします。

カウンターでもコースが出来ましたが、今回はアラカルトで行きます。

とりあえず、刺身を盛り合わせてもらい

小料理なごみ04

九州から送られてきた「アズキハタ」と言う珍しいお魚が上品で美味しい!

のっている、山芋とワサビの玉に職人技を感じます。

小料理なごみ05

続いては「ホタテのおかき揚げ」です。

でてきて、ビックリです!

かき揚げが出てくると思ったら、一個丸々上げたホタテが出てきました!

一口・・・

おかきだっ!

「かき揚げ」じゃなくて「おかき揚げ」だったんだ!と納得💦

そして、メニューにないのに、「牛肉で何か作って!」とお願いすると・・・

小料理なごみ08

牛肉のみぞれ煮なんて言う、上品なものが出てきてしまいました!

カブを擦って、仕上げて頂き、急な注文にも職人の技が光りました!

こういうお料理には、やっぱり日本酒が合いますね!

小料理なごみ06

開封直後の大信州の純吟!

スッキリとした飲み心地

小料理なごみ07

開封直後の「霞」

少し、色がついていて、うまみを感じます!

そうして、なごみに来たら、やっぱり、そばで〆ないと!

小料理なごみ09

ざるそばです!

つゆも出てくるのですが、無理やり女将さんに言って、一口目をお塩とスダチでいただきました!

うまぁ~~~!

お店で打っている自家製麺!

のど越しと風味どちらも最高!

 

「小料理なごみ」はミシュランガイドに掲載され、入口も少し高級そうなイメージですが、店内は女将と大将が気さくで、アットホームな雰囲気です。

気軽にのれんをくぐって下さい!

あっ!いつも混んでいるので、要予約です!

 

大将の大きな身体から、似つかわしくない繊細なお料理に、女将の笑顔で心が温まるお店

 

さぁ、これから、もう一軒いきますか~


2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログを書いている人

mikio 所属:

2020年賀状印刷