みきお酒場放浪記「酒処 ふじりん」

今宵は

酒場と言う聖地へ

酒を求めて、肴を求めさまよう

みきお酒場放浪記

 

今回は小樽の飲みの繁華街「花銀通り」をぶらついていました

その中の高架下近くの2階に上がっていくところにある小樽の食通に教えて頂いた一軒「酒処 ふじりん」さん

ふじりん01

はじめて入るには少し勇気がいりますが、カウンターと小上りの2テーブルのこじんまりとしたお店

もし、伺う時は予約して行った方がよいだろう

予約をした時に刺身盛り合わせしますか?と行く時間に合わせて前準備をしてくれます

そして、席に座り乾杯すると

ふじりん02

豪華に盛り付けられた刺身の盛り合わせがドンっとテーブルに

その時の新鮮なもの、マグロやサーモンなどの定番も美味しいですが、八角にカナガシラ等、珍しいお魚も入っていて、普段では食べられないものがあると、味の違いやクセなども楽しめる

そして、玉子焼きを食べるとそのお店の味がわかると言われる玉子焼き

ふじりん04

出てくると、暖かくてフワッフワッの玉子焼き

ダシがしっかりと効いていてビールのつまみになる一品

 

そうこう食べていると、ここのお店の魅力は仕入れの日本酒にある

そこで、日本酒に合いそうなおつまみを注文

ふじりん05

にしん明太子焼き

北海道では結構定番かもしれません

にしんのお腹の中に明太子を入れて焼く一品

にしんの脂に明太子の脂がミックスして旨みたっぷり

そして

ふじりん03

煮アナゴ

箸で持つとほぐれるくらいホックホクの一品

普段アマダレ等がかかっていると、ほとんど注文しませんが、コチラの煮アナゴはタレがかかっていなく変な甘みがありません

こう食べてる間に日本酒の「作(ザク)純米吟醸、大信州 純米吟醸、雨後の月 純米吟醸」等々あとは忘れました💦

料理の美味しさに日本酒の美味しさがあいまって、ドンドンと胃の中に消えていく

ただ日本酒の飲めない方も、ドリンクメニュー豊富なので楽しんでいただけると思います!

3時間弱の滞在で、かなりベロベロに!連れて行った客人も喜んでいただきました!

 

小樽の2階はブラックホール

 

さぁ~もう一軒行きますか~


2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログを書いている人

mikio 所属:

ひだか銀聖祭