苦しんだ介護の求人 チラシを変えただけで採用決定!

10月中旬で札幌はすっかり秋模様

山がモコモコと柔らかい色に変わり始めました

 

こんにちは

札幌で販促アドバイザーをしている 山谷みきおです

 

苦しんだ介護の求人 チラシを変えただけで採用決定!

先日、室蘭で介護事業を行っているファインケアネクストさんからご相談が来ました。

スタッフの一人が、病気でやめてしまうので至急人手が必要だけど、ネットやチラシを撒いて求人をしていても、全然人が集まらなくて困っているとの事でした!

どんなチラシを撒いているのか?と言う事でみせて頂くと

スクリーンショット 2020-10-19 15.39.18

表面のみのスタッフ募集

スクリーンショット 2020-10-19 15.38.57 スクリーンショット 2020-10-19 15.39.04

お仕事見学会開催の案内

これで、採用は出来なかったと言う事でした。

少し、分析してみると

①スタッフの顔が見られることは安心できて良いと思います

②「初心者でも大丈夫」この一文で少しハードルが下がると思います

③募集のステップがわかりやすい

でも、意外と他の施設のチラシもあまり変わらなくないのではないでしょうか?

そこで、アイムではもっとその会社にある人間味を出してみるようなチラシを提案してみました。

和みずもと

まず、手元に取った人の気持ちを考える

キャッチコピー「介護職に興味があるでも夜勤などで大変そう・・・私にできるかと思ってませんか?」にして、「介護=大変そう」と誰もが思う事を伝えて、それに共感して興味のある人に読んでもらえるようにしました

マイナスから伝えて、それに対する不安の解消やプラスの事を丁寧に文章で伝えていきました

この提案をして、すぐに印刷のGOがかかりまして折り込みました

すると、このチラシを撒いた結果はどうだったでしょう?

 

なんと

 

十数件の問い合わせで正社員2名採用パート1名採用が決まりました!

 

 

両面チラシよりも、効果が出たのです!

 

これってすごくないですか?

 

もしかしたら、チラシが効果が無いと言っている人は、ただ伝え方を間違っているだけで、もしかしたら反応のないチラシを出している会社はネットでも反応がないかもしれません。

きちんと、相手の立場に立って内容を作れば、効果が出てくることもたくさんあると思います。

 

アイムはキャッチコピーのご相談にも乗りますよ!

気軽にお声がけください!(笑)

最後に

チラシはその人と会社を最初につなぐお手紙です。

もらった相手はあなたの会社やあなたの事なんか知りません。

だからこそ、相手の気持ちになって丁寧に、自分の想いや考え方を伝えていきましょう!


2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
ブログを書いている人

mikio 所属:

2021nenga_title