* You are viewing Posts Tagged ‘NPO法人小樽民家再生プロジェクト’

小樽旧寿原邸当番日誌「スケッチ会」番外編


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟NPO法人小樽民家再生プロジェクト理事の智恵子です。

NPO法人小樽民家再生プロジェクトは2020年度の小樽旧寿原邸(すはらてい)の運営・管理を委託されました。

8月8日(土)は、スケッチ会〜新たなモチーフを描こう〜のイベントでした。

友人が参加してくれるということで、一日小樽を楽しむことに!まずは、小樽の土日の朝の定番コース「石と鉄」さんへ。

曇り空の「石と鉄」

曇り空の「石と鉄」

前日の強風で木が折れちゃったとのこと。写真には写っていませんが、右手の木の上がぼきっと折れた跡がありました。

モーニングセットを注文。

スモークサーモンのクロワッサンサンド

スモークサーモンのクロワッサンサンド

セットのドリンクの中に、自家製レモネードがあって、友達が注文すると「ホットですか?アイスですか?」って聞かれました。え?ホットもあったの? 勝手に冷たいものだと思っていました。思わず私もホットの自家製レモネードを注文!カフェラテ以上にホッと感じて、大正解でした。

時間が押していたので、落ち着く間もなく食べてすぐにお店を出ました。旧寿原邸へ向う途中、冷凍みかん大福が美味しいという話をして

小樽和菓子工房游菓(ゆうか)

小樽和菓子工房游菓(ゆうか)

1個買っていくことにしました。小樽和菓子工房游菓(ゆうか)さんは、9時からやっています〜〜〜これは嬉しいです!小樽の街中に泊まったら、朝一にここへどうぞ(笑)

旧寿原邸へ到着。10:30〜14:00までびっしりスケッチをした後は先生と参加者の皆さんと一緒にカフェへ。

堺町通りにある「旧さかい家」の「くぼ家」さん。大正硝子館の経営で明治40年に建てられた歴史的建造物を再活用されています。

ドリンクオーダーのみ「くぼ家」

ドリンクオーダーのみ「くぼ家」

コロナ対策で長時間滞在にならないためか、ドリンクオーダーのみでした。暑かったので、アイスカフェラテ美味しかった〜〜〜小樽ビールを頼んだ方が大多数(笑)とっても落ち着く空間で、和みました〜

まったりした後、小樽倉庫へ向かいます。朝とは打って変わって、青空だったので歴史的建造物もよりかっこよく見えました!!思わずバシャリ!

旧三井銀行小樽支店

旧三井銀行小樽支店

久々の小樽倉庫No.1さんへ。

本物のドイツビールが飲める小樽倉庫No.1Continue Reading

小樽旧寿原邸当番日誌「スケッチ会」


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟NPO法人小樽民家再生プロジェクト理事の智恵子です。

NPO法人小樽民家再生プロジェクトは2020年度の小樽旧寿原邸(すはらてい)の運営・管理を委託されました。

8月8日(土)は、スケッチ会〜新たなモチーフを描こう〜のイベントでした。講師は、イラストレーターの松本浦先生です。

そう、私のスケッチ教室の先生にお願いしました。小樽旧寿原邸を素敵に描いて欲しかったんです!!

6名の方が集まってくれました。

10時半に、理事の石井さんが旧寿原邸にて、簡単に皆さんに説明した後松本浦先生が邸内を歩いて、描くポイントなどを説明。

旧寿原邸は、屋根の色と形が独特です。

旧寿原邸は、屋根の色と形が独特です。

それぞれ好きなところを描いていいのですが5名は外から、1名は中から描くことに。

あっという間に、12時になり、ランチタイムです。2階の洋室をお借りして、みんなで一緒に食べました。

ゆるり庵のおにぎりセット

ゆるり庵のおにぎりセット

玄米おにぎり、たまごカレー漬けなど彩り豊か

玄米おにぎり、たまごカレー漬けなど彩り豊か

NPOで古民家をマッチングした健康応援社の「ゆるり庵」さんに頼んで用意していただいたおにぎりが大好評でした!みんなに事前に注文を聞いて、良かったです!!わざわざ札幌から来た皆さんに小樽にこんなお店があるんだよ〜って知ってもらいたかったのと、小樽まで来て、コンビニおにぎりじゃ味気ないと思ったので。

食べ終わったら、1時間もしないうちにみんなは即スケッチに戻りました。

早く描きあげたい一心です(笑)

 

旧寿原邸全体を描かれています

旧寿原邸全体を描かれています

スケッチは集中力が必要なのでちょっと休憩を挟むと、疲れがとれてまた集中できます。

構図がこれだ!と決まると細かく描き進めるのは、エイヤーって感じです。ん?私だけ?一気に筆が進むのですが、決まるまでが時間がかかるので私はいつも時間通りできません…悔しいです。

14時に終了〜〜〜また、洋間に集まって、みんなのスケッチブックを集めます。

小樽旧寿原邸 みんなの絵

小樽旧寿原邸 みんなの絵

半分が色つけまで行って半分は線のみという感じですね〜ベテランさんじゃないと、色まではなかなか行かないと思います。

この続きを描かれて帰った参加者さんもいらっしゃいますがそのほかは、皆疲れて、そのまま終了しました〜〜〜(笑)

とってもいい時間でした!楽しかった〜〜〜

 

そして、次の日。

小樽旧寿原邸 智恵子絵

小樽旧寿原邸 智恵子絵

描きあげました〜〜〜〜〜!!!次の日なんて、珍しいです。描きあげたい気持ちが強かったようです。

私も次は亀甲積みを描きたいな!… Continue Reading

小樽旧寿原邸当番日誌「第2回 小樽学会」


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟NPO法人小樽民家再生プロジェクト理事の智恵子です。

NPO法人小樽民家再生プロジェクトは2020年度の小樽旧寿原邸(すはらてい)の運営・管理を委託されました。

2020年8月1日土曜日は、午後から小樽学会を開催しました。

第2回小樽学会

第2回小樽学会

定員の半分にて開催。講師の石井伸和さんは、フェイスガードとマスクをして、さらにプロジェクターの方を向いての講演でした。対策ばっちりです。参加者の皆さんも真剣に話を聞いておりました。

「石と鉄」で朝カフェ

当番日の私の朝は、「石と鉄」から始まります。

小樽軟石の石蔵「石と鉄」

小樽軟石の石蔵「石と鉄」

天気も良く、テラス席にすでに2名の方がいらっしゃいました。朝から豪華なセットメニューをいただいちゃいました。

北海道産ソーセージとポーチドエッグ、クロワッサンセット

北海道産ソーセージとポーチドエッグ、クロワッサンセット

バイトの男の子と映画『love letter』の話で盛り上がりました!韓国で絶賛されている映画だそうで、色彩がとてもキレイで大好きとのこと。小樽旧寿原邸は『love letter』のロケ地です。中山美穂と加賀まりこが訪れているんですよ〜

アイスカフェラテをテイクアウトして、小樽旧寿原邸までテクテク歩きます。

ホテル建設が止まっています

旧小樽商工会議所

ホテル建設中でしたが、コロナのせいで止まってしまいました。どうなるんだろうか、心配です。

どこからかキレイな音色が響いているな〜と思ったら

ニトリ芸術村のお庭に風鈴トンネル

ニトリ芸術村のお庭に風鈴トンネル

風鈴トンネルができていました。例年、風鈴まつりを開催していたのに、今年はイベント中止に。これだけでも雰囲気が出て、いいですね〜〜〜

小樽旧寿原邸の当番

早めに旧寿原邸に着いたのですが、もうすでに空いていました。もう一人の当番さんがすでに来て、掃除を始めていたんです。びっくり!気合入っていますね〜換気のため窓開放。網戸ないので、虫入り放題(笑)私はトイレ掃除からスタートです。一週間空けているといろんなところに蜘蛛の巣が発生しております。これをはたいてから床掃除。

松本浦先生の小樽旧寿原邸

松本浦先生の小樽旧寿原邸

掃除の後は、売店のこと。松本浦先生の新作「小樽旧寿原邸」のポストカード!あーステキ!せっかく旧寿原邸に来たなら、旧寿原邸に関するものをひとつでも買いたくありませんか?入館も無料なので、建物の維持管理への寄付として、… Continue Reading

小樽旧寿原邸の売店「小豆(あずき)」の商品紹介その4


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟NPO法人小樽民家再生プロジェクト理事の智恵子です。

NPO法人小樽民家再生プロジェクトは2020年度の小樽旧寿原邸(すはらてい)の運営・管理を委託されました。

小樽旧寿原邸の売店『小豆(あずき)』の販売商品をご紹介その4です〜

小樽旧寿原邸の売店「小豆(あずき)」の商品紹介その1小樽旧寿原邸の売店「小豆(あずき)」の商品紹介その2小樽旧寿原邸の売店「小豆(あずき)」の商品紹介その3 もどうぞ。

やまやえみこのはがき絵メモ帳

いよいよ満を持して(笑)登場です。今回売店担当になって、一番置きたかったのは、本当ははがき絵のポストカードです!客層的にもぴったりじゃないかと思っていました。でもポストカードは、松本浦さんのを置きたかったので、今回は断念して代わりに小樽バージョンのメモ帳を作ることにしました。

やまやえみこのほっとメモ(メモ帳の名前)は、アイムですべて作っています。小樽の絵はたくさんあるのですが、私からリクエストして、何点か新作も描いてもらいました。

藪半さん、水天宮、緑の三角屋根たち、そして旧寿原邸も!

ほっとメモ「小樽」バージョン

ほっとメモ「小樽」バージョン

30枚、全部違う絵柄で見ていて楽しい!小樽がぎゅっと詰まっています。

ほっとメモ「花」「令和」バージョン

ほっとメモ「花」「令和」バージョン

今までも作っていた、「花」バージョンと「令和」バージョンも!「小樽」が売れるかと思いきや、「花」が売れています(笑)

やまやえみこのはがき絵ストラップ

アイムに在庫としていっぱいあって、どこにも売れずにいたストラップ。北海道のイチイの木を使ったオリジナル製品です。

携帯ストラップとクリーナー

携帯ストラップとクリーナー

丸型は裏面が携帯クリーナーになっています。四角はただのストラップで、今はあまりスマホにストラップをつけなくちゃったから需要ないと思っていたのですが意外と売れて、びっくりです(笑)元々630円でしたが、旧寿原邸では500円で販売しています。ワンコインで買えますよ〜

やまやえみこの小樽の絵(額入り)

おぉ〜〜〜〜りっぱな絵が登場しました。

小樽旧寿原邸の一室に飾っています

小樽旧寿原邸の一室に飾っています

写真は反射してうまく撮れませんでしたので、実際の絵を見に来てくださいね。ある方の邸宅から眺めた小樽港の絵です。小樽港が一望できる高台の立派な邸宅にお邪魔して、絵を描かせていただいたんです。

はがき絵作家やまやえみこ「絵は下手でいい、言葉が大事」 「はがき絵で日本を幸せにしたい」と活動中。 ●2001年6月/熊本在住の詩画家 大野勝彦氏の講演を聴く。(大野氏は45歳の時に農機具に両腕をはさまれ両手を失う。その後、義手で詩や絵を描きはじめ、全国で講演活動をしつつ、生き方を学ぶ塾「やまびこ塾」を主催。) ●2001年9月/大野氏の言い訳しない生き方に魅せられ、「やまびこ塾」北海道支部長に。●はがき絵コミュニケーションの会主催 はがき絵のお礼状をビジネスに役立てよう!と月一回開催中。

山谷智恵子のアマビエポストカード

そして、なんと調子に乗って、私のアマビエのはがき絵も販売することに(笑)いやなかなか好評だから…

私がいるから大丈夫

私がいるから大丈夫

 

あ、でもやっぱり私と関係性のない人には興味ないみたいです。… Continue Reading

小樽旧寿原邸の売店「小豆(あずき)」の商品紹介その3


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟NPO法人小樽民家再生プロジェクト理事の智恵子です。

NPO法人小樽民家再生プロジェクトは2020年度の小樽旧寿原邸(すはらてい)の運営・管理を委託されました。

小樽旧寿原邸の売店『小豆(あずき)』の販売商品をご紹介その3です〜

小樽旧寿原邸の売店「小豆(あずき)」の商品紹介その1小樽旧寿原邸の売店「小豆(あずき)」の商品紹介その2 もどうぞ。

kiritoriya(キリトリヤ)の白樺アクセサリー

白樺樹皮を使用したアクセサリーです。Instagramで見つけて、写真のセンスの良さと小さな星型がとっても気に入っていました。なにかの折に取引先の事務の方のお友達がそのハンドメイド作家さんという事がわかりお声をかけてみたところ、こころよく引き受けてくれました!

kiritoriyaの白樺アクセサリー ピアス・イヤリング

kiritoriyaの白樺アクセサリー ピアス・イヤリング

伐採予定の北海道の白樺から樹皮を採取し作品を作ってます。 樹皮を採る事が出来るのは1年のうち樹木にたっぷりと水分が含まれた6〜7月だけ。 その貴重な樹皮を小さなアクセサリーにして、皆さまにお届けしております。 白樺ならではの、ヌメ革のような色と質感を永くお楽しみ頂ければ幸いです。

白樺のバングルやネックレス

白樺のバングルやネックレス

白樺の樹皮を細く切って、ピンセットを使って制作されています。皮のように、オイルでメンテナンスして、経年劣化を楽しめるようです〜〜〜北海道を代表する樹木、白樺を使ったアクセサリーは、お土産にもオススメです!

センスのいいkiritoriyaさんのInstagramもご覧ください。

紙匠堂の小樽盛業史双六擬記

紙匠堂は、ご存知小樽のご当地キャラクター「おたる運がっぱ」の生みの親なんです。POPな雑貨だけかと思いきや、めっちゃかっこいいポスターありました!

小樽盛業史双六擬記

小樽盛業史双六擬記

小樽の歴史が一枚でわかっちゃうんです。鰊から始まり、発展の様子が渋いイラストで描かれています。ポスターとして、筒入りで販売しておりますが、ぜひこのように額に入れて飾って欲しいと思います。

“屋根のない博物館”と称される 歴史とロマンの街・小樽。 「小樽紙匠堂」は小樽を訪れたみなさんが想い出の景色を切り取って持ち帰ることができるような小樽うまれの小樽らしいお土産を考案し、手がけております。 小樽市内の歴史的建造物をモチーフにしたものや観光名所小樽運河、海と山がつくりだす小樽独特の風景… ぜひ紙匠堂のお土産でその景色を郷里にお持ち帰りください。

ノスタルジックな小樽好きのあなたにオススメです。

画家 岩下壽男さんのポストカード

画家の岩下壽男さんは、1934年東京生まれで1985年に小樽に移住され、絵画教室を始め、美術展への出品をされていました。2015年から2年間、「月刊おたる」の表紙絵を担当され、2017年に83歳でご逝去されました。

たくさんの小樽の風景のポストカード

たくさんの小樽の風景のポストカード

NPO法人小樽民家再生プロジェクトでマッチングした建物のオーナーさんということで今回置かせていただきました。

「応援のために何か買って行って〜♪」と明るく声をかけると若い男の子がほぼ線画のシンプルな絵を選び「これ、好きなんです」と一枚買ってくれました。一緒に来たもう一人の男の子は、松本浦さんのポストカードを一枚買ってくれました。私の声掛けに気を使ってくれたんだろうな〜やさしいいい子だわ♪

 

ぜひ小樽旧寿原邸へいらしてください。お待ちしております!

旧寿原邸一般公開 2020年10月10日まで土日祝日のみ 10:30〜16:00小樽市東雲町8-1

 

アイムは、あなたの想いを発信します!!

Continue Reading

小樽旧寿原邸の売店「小豆(あずき)」の商品紹介その2


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟NPO法人小樽民家再生プロジェクト理事の智恵子です。

NPO法人小樽民家再生プロジェクトは2020年度の小樽旧寿原邸(すはらてい)の運営・管理を委託されました。

小樽旧寿原邸の売店『小豆(あずき)』の販売商品をご紹介その2です〜

小樽旧寿原邸の売店「小豆(あずき)」の商品紹介その1もどうぞ。

「プリシラ」の水引しおり

シルバー、水引、革等を使った有機的でプリミティブなジュエリーや服飾小物、雑貨等を制作しているクラフト作家pricyla(プリシラ)に今回特別につくってもらったのが、水引しおりです。

不要不急なものにこそ日々の生活に潤いや豊かさをもたらすパワーがあり、小さな祈りが宿ると信じています。

pricyla(プリシラ)の水引しおり

pricyla(プリシラ)の水引しおり

小樽旧寿原邸をイメージしたカラーリングです。オリジナルの和風な商品ができて、大満足〜〜〜これがとってもよく売れています!!「御朱印帳にぴったりね」と言ってくれたお客様がいらっしゃいました。確かに〜〜〜!!

虹霓舎(こうげいしゃ)の切子硝子

2015年小樽へ移住して、梁川通りの旧あおば模型店にて切子の工房を営んでいる作家さんです。

虹を見た時、気分が上がって幸せを感じる…そんな風に、日々の生活にちょっと彩りを添える器を作りたいという思いで日々制作しています。 グラインダーでカットして研磨するまで、非常に手間の掛かる作業を全てハンドメイドで仕上げています。

虹霓舎の切子硝子

虹霓舎の切子硝子

アイヌ柄の切子硝子はすぐに売れてしまって現在、追加発注中です。写真手前の硝子はなんとも言えないグラデーションと模様が素敵すぎ〜〜〜!!これは同じものは一つもなく、二度と同じものは作れません。買えるのもここだけです。

「サニーデリセッコ」のドライリンゴ

NPOの理事でもある川嶋さんの商品です。余市郡仁木町産の新鮮で安全で美味しいりんご(紅玉・ふじ)を無添加・無化調にて従来にない乾燥方式で乾燥させています。ドライにすることで旨味がギュッと凝縮されています。

サニーデリセッコのドライリンゴ

サニーデリセッコのドライリンゴ

「知産志食 しりべし」ローカルフードチャレンジコンテスト~小樽商工会議所主催(平成27年)スイーツ・ジュース部門にて、第3位を受賞してもいるんですよ〜タルシェ他、小樽市内のいろいろな飲食店でも取り扱いされています。

 

ぜひ小樽旧寿原邸へいらしてください。お待ちしております!

旧寿原邸一般公開 2020年10月10日まで土日祝日のみ 10:30〜16:00小樽市東雲町8−1

 

アイムは、あなたの想いを発信します!!

とってもためになるマーケティングコンサルタント藤村正宏師の ブログも見てね!↓↓↓↓

藤村正宏ブログ

小樽旧寿原邸の売店「小豆(あずき)」の商品紹介その1


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟NPO法人小樽民家再生プロジェクト理事の智恵子です。

NPO法人小樽民家再生プロジェクトは2020年度の小樽旧寿原邸(すはらてい)の運営・管理を委託されました。

その中で私が担当となったのは、言い出しっぺということもあり、売店です!担当を命ぜられてから、ワクワクです〜だって自分の好きな商品を置けるんです。

私の好きなものから決めさせていただいたのでとっても幸せ〜〜〜

ということで、小樽旧寿原邸「小豆」の販売商品をご紹介します〜

軟石やの「かおるいえ」

「軟石や」さんでは、札幌軟石を使った実用的な雑貨をつくっています。 札幌軟石とは、札幌市南区で産出する凝灰岩の石材で、支笏湖ができた時の火山活動で、札幌周辺に流れ出た火砕流が長い年月をかけて固まったものと言われています。風化に強く耐熱性があります。 「軟石や」さんで使用するのは、建築にもお庭にも使えない小さな札幌軟石。 「誰かの手元に置いて可愛がってもらいたい。」との想いからなんです。

屋根の色は札幌の景観色を使用しています。

屋根の色は札幌の景観色を使用

「かおるいえ」は、アロマストーンとして、お好きなアロマをたらして、ご利用いただけます。

小樽にも札幌軟石を使った石蔵がいっぱいあるので、ぜひ石蔵をかおるいえと見比べて、これは札幌軟石かな?小樽軟石かな?など考えて見てください〜

松本浦さんのポストカード

松本浦さんは、札幌在住の挿画家さんです。2018年9月23日、旧永山邸で行われた「永山まつり」のイベントの一つ建物スケッチ教室に参加した際に出会って、その後、その教室に通うことになったという私の先生です。

先生の建物の絵がとっても大好きなのです。

松本浦さんの小樽の風景のポストカード

松本浦さんの小樽の風景のポストカード

小樽水天宮の参道や旧日本郵船小樽支店など、小樽の古い建物が実物以上に生き生きと光り輝いているように私には見えるんです〜〜〜

古物処「もが」のレトロ雑貨

『古物処もが』は帯広で20年以上続く骨董とアンティークを扱う古民家カフェ『茶遊処もが』から派生した旧寿原邸売店だけの限定店です。私以上に古民家好き仲間の清水さとこさん「古いものは見る人によってはガラクタかもしれませんが、アイディアと使い方次第で唯一無二のお宝にもなるのも魅力のひとつです。 宝物探し的に隅々まで何度も見るのがオススメ!」と語る彼女にディスプレイとともにお願いしました。

日本人形、食器、額など様々

日本人形、食器、額など様々

トースター、湯たんぽ、タイプライターなど

トースター、湯たんぽ、タイプライターなど

おかげでとっても旧寿原邸らしい売店ができました。売れても、売れなくても、この雰囲気が作れたことに大満足!そう思っていたら、なんと一番に人形が売れましたから〜〜〜(笑)旧寿原邸にやってくる人がこういうレトロ雑貨に興味がある方が多いんですね〜

まったく売れなかったらどうしようと思っていたのでとても嬉しいです〜でもここまでたくさんの商品を運んでディスプレイまでしてくれた恩はまだまだ返せません〜〜〜

もっと売れてほしい〜〜〜

 

ぜひぜひいらしてください。お待ちしております!

旧寿原邸一般公開 2020年10月10日まで土日祝日のみ 10:30〜16:00小樽市東雲町8−1

 

 

 

 

アイムは、あなたの想いを発信します!!

とってもためになるマーケティングコンサルタント藤村正宏師の ブログも見てね!↓↓↓↓

Continue Reading

小樽旧寿原邸への車での行き方 駐車場へのご案内


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟NPO法人小樽民家再生プロジェクト 理事の智恵子です。

NPO法人小樽民家再生プロジェクトで運営させていただいている小樽旧寿原邸ですが、小樽駅からも南小樽駅からも同じくらい歩きます。小樽の街を感じながら歩いていただけて、帰りにはお食事したり、お酒を飲んで帰ることができるので公共交通機関での来樽をお勧めしますが…中では車でいらっしゃる方もいると思います。周辺に車を駐車してしまうと近隣の方のご迷惑になってしまうので駐車場をご利用ください。その駐車場は、旧堺町小学校のグラウンドです。

小樽旧寿原邸の駐車場

国道5号線からの行き方

国道5号線からの行き方

札幌からお越しの方、国道5号線を走ってください。小樽駅の手前、花園十字街を右折します。右角がauショップです。公園通りをまっすぐ進みます。跨線橋を越えます。

小樽水天宮の第一鳥居をくぐり第二鳥居の手前を左へ曲がります。

ここは一方通行で狭い道ですが、地元の車は結構なスピードで走ってきますのでお気をつけください。

右手に石蔵が見えますので、その手前を右に曲がります

右手に石蔵が見えますので、その手前を右に曲がります

もし通り過ぎてしまったら、もう一周してください。この道は一方通行なんです。

曲がるとこんな景色

曲がるとこんな景色

左側に旧堺町小学校のグラウンドの入り口があります

左側に旧堺町小学校のグラウンドの入り口があります

グラウンドですが、はいっちゃってください

グラウンドですが、はいっちゃってください

車を駐車場に停めたらグラウンドの入り口まで戻って、左側へ進んでください。

ここの階段を登ります

ここの階段を登ります

カラスがいる時はお気をつけください。帽子やカバンなどで頭を守るといいと思います。

階段を上ると、右手に見えます。

Continue Reading

小樽旧寿原邸の当番2回目はたったの12名の来客でしたが、やっぱり面白い!


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟NPO法人小樽民家再生プロジェクト理事の智恵子です。

先日は二回目の旧寿原邸の当番日でした。

旧寿原邸のおしゃれな門

旧寿原邸のおしゃれな門柱

小樽で昼カラクラスターが発生して、小樽市の施設は2週間休業となってしまいました。旧寿原邸もどうなるかと思いましたが、そんなに人が訪れる場所でないためか旧寿原邸は一般開放してもOKとのことでした。

前回の当番の際は、あっという間に開館時間が来てしまったため1時間前に入って、掃除をしました。1週間空けただけでも、あらゆるところに蜘蛛の巣ができています。ツタも館の中まで進出する始末…隙間風もぴゅーぴゅーなので、雑巾掛けも必要。

前回は扉を開けたら、すぐお客様がいらっしゃいましたがあまりくる気配もなく…掃除を続けていたら

売店に商品を置いてくださる kiritoriya(キリトリヤ)さんがいらっしゃってくれました。

kiritoriyaを売店「小豆」にディスプレーしました

旧寿原邸のお話をして、1階部分を案内して、時間がありそうだったので、売店のディスプレーもご本人にお任せしちゃいました〜〜〜〜(笑)

kiritoriya(キリトリヤ)さんの白樺樹皮のアクセサリー

kiritoriya(キリトリヤ)さんの白樺樹皮のアクセサリー

什器も持ってきていただき、なんと商品数ぴったり!

バングルやネックレス、ピアスなど

バングルやネックレス、ピアスなど

私が気に入ったのは、白樺樹皮を細く切って、編んで作った星型のパーツです!かわいい〜〜〜!ヒトメボレです。たまたま友人の友達だということで、ご紹介いただきました。Instagramをぜひごらんください。商品だけでなく、写真がとっても素敵なんです!

白樺樹皮のアクセサリーは、手にとってその硬さ、柔らかさを感じてみて欲しいです。オイルでお手入れして、長く使っていただくことができますよ〜

明るい2階の応接室

大きな窓があって、とっても開放感のある2階の洋間。

2階の応接室

2階の応接室

この部屋にはピアノがありますが、どうやら日本に二つしかない貴重なピアノのようです。手書きのメモが残っていました。このピアノを「旧寿原邸夜鍋交流談義」の際に弾いてくださるという方がいらっしゃると伺い、慌てて、汚れていたピアノを拭いて、お迎えいたしました(笑)

9月にたった6人のためのピアノライブがこの部屋で行われます〜〜〜どんな雰囲気の中、どんな曲を弾いてくださるのでしょうか。お楽しみに!

作り付けの白いキッチン棚がおしゃれ

1階の受付の斜め前は、キッチンです。

作り付けの白いキッチン棚

作り付けの白いキッチン棚

この棚の右下の扉は、冷蔵庫なんです!氷を入れて、冷やしたそう。このことを説明すると、皆さん、へぇ〜〜〜と感心されます。聞いたことはあっても、実際に見たことのない人が多いようで。今は作られていないいろんな柄?模様?のガラスもチェックポイントです。

古民家好きさんとの嬉しい出逢い

1日でたった12名のお客様しかいらっしゃいませんでした。でも少ないからこそ、いろいろお話もできるし今回は、小樽に移住したいというカップルの方もいらっしゃいました。リモートワークでどこでも仕事ができることがわかったので生まれた小樽に戻って、平屋の古民家に住もうかな〜との事。

これは、NPO法人小樽民家再生プロジェクトの出番です!連絡先を伺って、お手伝いをさせていただくことになりました。

旧寿原邸にいらっしゃる方は、古民家好きが圧倒的に多いんです。そりゃそうだろうけど(笑)一人で倶知安からいらっしゃった女性の方も。親子でいらっしゃった方も。… Continue Reading

小樽旧寿原邸で初の受付担当はドタバタだったけど想像以上に楽しかった!


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟NPO法人小樽民家再生プロジェクト理事の智恵子です。

先日は、小樽旧寿原邸にて、着物の着付けのイベントを開催し、私はイベント担当でしたが、6月20日(土)は、初の受付担当でした。

小樽旧寿原邸 蔦が茂ってます

小樽旧寿原邸 蔦が茂ってます

初めて鍵を自分で開けます。ドキドキ。

まずは用意してきた受付や売店まわりのいろいろを。そして、30分前には掃除を開始。1週間あけているので、蜘蛛の巣もちらほら。はたきがけをして、掃除機をかけて…あっという間に30分!!慌てて、門を開きました。

外に一人の青年が見えたので「いらっしゃいませ〜〜〜」と声をかけると入ってきてくれました。旧寿原邸を目指して来てくれたのかな〜と思ったのですがたまたま通りかかっただけのよう(笑)小樽のこととか寿原邸のこととかいろいろ話をすると興味深く聞いてくれて最後は売店でも、「売上の一部が旧寿原邸の運営の資金になるので、よかったら〜」と言いつつ、商品の説明をしたりしました。すると軟石やさんの「かおるいえ」をご購入してくれました。

札幌軟石を使ったアロマストーン「かおるいえ」とポストカードたて

札幌軟石を使ったアロマストーン「かおるいえ」とポストカードたて

それが1,200円なのに、なぜか私は1,500円と勘違いして1,500円をいただいてしまいました…気づいて追いかけて、大声を出して、呼び止めるとその青年は、「いいです。寄付します〜〜〜」と笑顔で手を振って言ってくれました!!なんて素敵な青年でしょうか。

次々とお客様が訪れて、受付して、販売してとあっという間にお昼になりました。

合間に、拭き掃除をなんて言っていたのですが、そんな暇ありません。

お昼はちょっと時間が空いて、ランチを食べられました。

大衆バルBridgeの北島豚の角煮丼

大衆バルBridgeの北島豚の角煮丼

前日に予約してデリバリーをしてもらいました!コロナじゃなかったら、こんなことできませんでしたね。移転してからBridge(ブリッジ)に行っていなかったので、嬉しい〜

食べようとすると、リンリンリーン!!!と電話が鳴りました!びっくり!旧寿原邸の黒電話が鳴ったのです。旧寿原邸の電話番号誰が知っているのでしょうか…恐る恐る出ると、旧寿原邸への行き方がわからずに電話をしてきた方でした。めっちゃ説明しにくい…今、その人がいる場所は無視して、5号線からの行き方を伝え「わからなかったら、また電話ください。」としました。また電話が来るかもしれないので、慌てて丼をかきこみました(笑)

無事にランチを食べ終わるとそこからまたお客様が次々といらっしゃいました。中には、神戸からの観光客も!水天宮に行く途中に見つけたようでちょっと入ってみようかなという軽い気持ちの女性の二人組小樽が鰊で栄えたことも知らなかったようなので鰊御殿とか北前船の話とかさせていただきました。もっと話をしたかったな〜(オシツケ)

また、お着物でいらっしゃったお客様も。1階の和室では、中古着物の販売をしているのですが3人でいらっしゃって、なかなか賑わっていて着物2セット、帯、帯締めなど沢山お買い上げいただきました。お目が高い!いい着物が中古であるんですよ〜普段から自分で着ていらっしゃる方は、自分で選べるんですね〜お着物で旧寿原邸にいらしていただき、嬉しいです。

また、寿原食品で働いていたという方もいらっしゃいました。「奥沢にも大邸宅があったよ」とのこと。これは何人かの方にも伺いました。寿原一族の繁栄が伺われますね。誰か当時の写真でも持ってきてくれないかな〜〜〜

寿原さんの奥さんと同級生で、子どもの頃によく来たよ〜とかお茶会に来たよ〜とか懐かしんで来てくださる方も多いです。

旧寿原邸の当番は、思った以上に面白いです!この建物が残っていることによって、歴史が語りつがれるんですね。

そして、お声かけすると、多くの方が売店を覗いていってくださいました。入館は無料ですので、ぜひ何かお買い上げいただけると大変嬉しいです!

Continue Reading
1 / 512345