* You are viewing the archive for the ‘販売促進のこと’ Category

子供達の未来のために「だがしやお菓子な家」その3


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟お客様のファン創りのお手伝いDMアドバイザーの智恵子です。

サナエッティこと関上さなえさんの挑戦「だがしやお菓子な家」の開業を応援しています。

北海道発クラウドファンディングの会社ACTNOWにて「だがしやお菓子な家」のクラウドファンディングが7月4日(木)にスタートしました。

タイトルは子どもたちの“好き”を見つける、体験教室『まなびランド』を創りたい!

サナエッティの想いが伝わるとってもいい文章です。最初とは、変わっていますが、こちらの方がストレートに想いが伝わります。何度も何度も書き直したんだろうな〜

読み返すとなんだかこちらが泣けてきます。

本当に想いがつまっているお店なんだとわかるから。

私も微力ながら、Facebookページ、Twitterでシェアするなどして応援。

私は、ネットでクレジットカード番号を入れるのが嫌で他のクラウドファンディングをやっていなかったのですがACTNOWでは、コンビニ決済もできたので支援することができました!

 

コミュニケーション力が高く心配りができ前職の際も多くの方に愛されていたサナエッティ応援してくれる人は多いだろうとは思っていましたが

予想以上!

あっという間に、目標金額を達成しました!すごいです!

ほんと人柄ですね。彼女のすることなら応援したいと思う人がいっぱいいるのです。そういう人にならないとダメですね。

人間力をあげなくては…

ただまだ「お菓子な家1日こども店長」のリターンが残っています!「まなびランドのワークショップ体験チケット」のリターンも。まだまだご支援のほどよろしくお願い致します〜〜〜

クリックを!

子どもたちの“好き”を見つける、体験教室『まなびランド』を創りたい!

サナエッティと子供達

サナエッティと子供達

 

 

 

だがしや お菓子な家岩見沢市幌向南3条2丁目231-39tel 050-5361-7968

アイムは、あなたの想いを発信します!!

とってもためになるマーケティングコンサルタント藤村正宏師の ブログも見てね!↓↓↓↓

藤村正宏ブログ

子供達の未来のために「だがしやお菓子な家」その2


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟お客様のファン創りのお手伝いDMアドバイザーの智恵子です。

先日、「駄菓子屋さんをオープンしたい。」という友人の話を書きました。子供達の未来のために「だがしやお菓子な家」スタート その続きです。彼女の名前をうっかり書き忘れておりましたがサナエッティこと関上さなえさんです。

起業したいけど、資金が足りないサナエッティのために私の後輩がやっているクラウドファンディングを紹介することにしました。

北海道本社で地域活性化を目指すクラウドファンディングACTNOWです。

私自身もクラウドファンディングに興味がありましたし社長の穴田さんとは、商大ドイツ会のお仲間です!

連絡をとると、すぐにお会いしてくれました。

丁寧にクラウドファンディングの説明をしてくださいました。

クラウドファンディングは、社会的に広げたい面白いアイデアを資金調達でつまずくことなく、また、金融機関や補助金・助成金を提供する自治体などの力を借りずに、プロジェクトに共感・賛同をした人から、小口で資金を調達するサービスです。

また、こちらの話をしっかり聞いてくれて「だがしやお菓子な家」のオーナー サナエッティの想いを的確に理解してくれました!すごいです!

いつもいろんな方の想いを聞いてクラウドファンディングの相談にのっているからこそすぐにいろんなことに気付くのでしょう!

サナエッティも穴田さんからの指摘に目から鱗状態でした(笑)

 

クラウドファンディングには、大きく2種類の仕方があります。

一つ目は、All or Nothing支援の募集終了までに目標金額を達成した場合のみプロジェクトが成立し、支援金がアクターへ支払われます。目標金額に達しなかった場合は不成立となり、支援金は払い戻されます。(払い戻し手数料はかかりません。)不成立となった場合、プロジェクトが実行されませんのでリターンも発送されません。

二つ目は、All in目標金額は設定されていますが、達成/未達成に関わらずプロジェクトが成立し、支援金がアクターへ支払われます。あらかじめ実行することが決まっているプロジェクトに適した方式です。

多くの人が、少しでも支援金が欲しいので「All in」を選ぶそうです。でも目標金額達成するのは、「All or Nothing」だそうです。

クラウドファンディングする方はもちろん、本気になるし応援する方も、なんとか達成させてあげたいという気になるそうです。

クラウドファンディングする方にとっては、「All or Nothing」は怖いです。だって、達成しないと1円も入らないのですから。お店をオープンすることは決まっているのだから1円でも支援してもらいたいと思いますよね。

サナエッティが勇気があるのは、「All or Nothing」を選んだこと!!

ん〜〜〜〜〜かっこいい!!

なかなかできないよ〜〜〜

 

穴田社長と打ち合わせ

穴田社長、相談にのっていただき、ありがとうございます!

これから何回か添削を重ね、審査を受け、クラウドファンディング公開となります!

 

だがしや お菓子な家岩見沢市幌向南3条2丁目231-39tel 050-5361-7968

 

アイムは、あなたの想いを発信します!!

とってもためになるマーケティングコンサルタント藤村正宏師の ブログも見てね!↓↓↓↓

藤村正宏ブログ

子供達の未来のために「だがしやお菓子な家」のスタート


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟お客様のファン創りのお手伝いDMアドバイザーの智恵子です。

先日、とても久しぶりに友人が声をかけてくれました。「駄菓子屋さんをオープンしたい。 その際に販促をアイムさんにお願いしたいと思っていました」

ありがたいお言葉です。彼女は、元々はアイムのお客様の会社で働いていた方です。誰とでも、上手にコミュニケーションがとれて心配りのできるステキな女性で多くの方に愛されていました。年下では、数少ない尊敬できる女性です。結婚して、退職して、子供が生まれた際には、おうちまで遊びに行ったり、仲良くさせてもらっていました。

3児の母になった彼女が起業するというのです!!とってもびっくりしましたが、できる限り応援したいと心から思いました。

彼女がやりたいのは、駄菓子屋さんでした。「え…今時、駄菓子屋なんて…」(儲からないでしょ〜〜〜〜1個10円とか、何個売らなきゃダメなのさ)正直、目が点になりました(笑)

でも、彼女の話を聞いているうちに「あ、彼女がしたいのは、駄菓子屋さんじゃないんだ。駄菓子を通じて、子供達に生き生きして欲しいんだ」とわかりました。

彼女の長女が摂食障害になってとっても困っていた時に救ってくれたのがチョコレートだったそうです。口に入れたら溶けるチョコレートのおかげで栄養をとることができたのです。

摂食障害の理由はいろいろあると思いますがおとなしくて、自分の意見をあまりいわない長女はストレスがたまってしまっていたのでしょう。

子供達が大好きな駄菓子屋を開いてそこで、子供達が集まって、生き生きできる場所を作りたいと思ったのです。

自分自身も自己肯定感が少ないという彼女、子供達にいろんな体験を通じて、自分の得意なもの、好きなことを見つけてもらい生き生き輝いて欲しい!そんな体験をできる場所を駄菓子屋の中に作りたい!とのこと。

 

これは応援したい!!

起業するっていうことは、なんの想いもないところではできないと思います。ただ「駄菓子が好き」「子供が笑顔になる」だけでは動機としては弱いと思いました。自宅をちょっと改装して、駄菓子屋にするならそれでもいいかなと思いますがお店を借りて、事業にするとなるとしっかり収益を考えなければなりません。

彼女の想いをしっかり受け止めて、できる限りの応援をしたいと思いました!

お菓子の家イメージ図

お菓子の家イメージ図

「でも、資金が足りないのでクラウドファウンディングを考えているんです。」と彼女。

あ、私の後輩がクラウドファウンディングやっている!

つづく

 

だがしや お菓子な家岩見沢市幌向南3条2丁目231-39tel 050-5361-7968

 

アイムは、あなたの想いを発信します!!

とってもためになるマーケティングコンサルタント藤村正宏師の ブログも見てね!↓↓↓↓

藤村正宏ブログ

サロマ湖鶴雅リゾート「サロマージュ通信」


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟お客様のファン創りのお手伝いDMアドバイザーの智恵子です。

鶴雅リゾートさんの売店通信の紹介です。サロマ湖にある「サロマ湖鶴雅リゾート」さんです。

2019夏のサロマージュ通信

2019夏のサロマージュ通信

売店通信の企画は、売店のスタッフさんが行います。今回は、夏ということで「スープカレー特集」すっかり北海道のソウルフードになってしまったスープカレーレトルトもいっぱい出ています。北海道の美味しい素材があるからこそ、スープカレーって美味しいんですよね。お土産にぴったりです。

 

こちらの売店には、POPがとっても上手なスタッフさんがいらっしゃいます。

サロマ湖と言えば、常呂町!カーリングで有名な街ですよね。このスタッフさんは、POPで素敵な売り場を作って、カーリンググッズをいっぱい販売しました〜

そして、カメラ好き!毎日、SNSでサロマの素敵な風景を発信されています。サロマ湖鶴雅リゾートのビュースポットも通信でご紹介。きっとお客様が売店にいらして、「夕日は何時にどこから見ると一番いいの?」なんて質問されるに違いありません。

この通信を見て、聞いてほしいな〜って思います。

SNSのアカウント

SNSのアカウント

素敵な夕日を見に、ぜひサロマ湖へどうぞ〜〜〜!!

 

売店便り担当の中出さんが、Twitterに投稿してくれました。嬉しいな♪

 

サロマ湖鶴雅リゾート北見市常呂町字栄浦306-1 TEL.0152-54-3305

 

 

アイムは、あなたの想いを発信します!!

とってもためになるマーケティングコンサルタント藤村正宏師の ブログも見てね!↓↓↓↓

藤村正宏ブログ

阿寒の森 鶴雅リゾート 花ゆう香「花の香便り」


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟お客様のファン創りのお手伝いDMアドバイザーの智恵子です。

鶴雅リゾートさんの売店通信の紹介です。あかん遊久の里鶴雅の並びにある「阿寒の森 鶴雅リゾート 花ゆう香」さんです。

2019夏の花の香便り

2019夏の花の香便り

鶴雅の売店便りよりも優しい色合いで、メインのキャッチコピーには、筆ペンを使っています。この筆ペンが大変でなかなか思うように描けなくて大体何度もやり直しします(笑)

筆ペンを使うことで、躍動感が出るしパッと目に留まりやすいのでがんばって描いています〜〜〜(笑)

スタッフの方が手書きでラフを送ってきてくれます。一生懸命考えただろうキャッチコピーやレイアウトなのでできるだけ、生かして制作しています。

毎回、内容が楽しみです。

北見ハッカのシャツシャワーを知りませんでしたがこれ今売れているようですね!この通信を作った後、サッポロファクトリーのお店で見かけました。しかもお店の前にど〜〜〜んとあって、めっちゃ目立っていました。

衣類にスプレーするだけで、ひんやりとリフレッシュできるというシャツシャワー北見ハッカの香りが爽やかなようです!パッケージが可愛いから買いたくなりますね〜♪

北見ハッカ油のひんやりシャツシャワー

北見ハッカ油のひんやりシャツシャワー

 

阿寒の森 鶴雅リゾート 花ゆう香釧路市阿寒町阿寒湖温泉1丁目6−1tel  0154-67-2500

 

 

アイムは、あなたの想いを発信します!!

とってもためになるマーケティングコンサルタント藤村正宏師の ブログも見てね!↓↓↓↓

藤村正宏ブログ

鶴雅売店スタッフの様子もわかる手描きの売店通信


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟お客様のファン創りのお手伝いDMアドバイザーの智恵子です。

普段より私は、会社のことを伝えるツールとして、自社通信(ニュースレター)をオススメしております。アイムでもお客様に「あいめ〜る」という通信を発行させていただいています。

すると、2016年に鶴雅リゾートさんから「売店通信」を作って欲しいとの依頼がありました。

最初は、あかん遊久の里鶴雅の売店からスタートして水の謌、花ゆう香、サロマ湖、網走と広がっていき2018年に森の謌、今年の春からは函館大沼も制作させていただきました。

毎回、私も作るのが楽しみなんです!

何と言っても、そこで働いている方がどんな方がわかるのが自社通信の醍醐味だと思います。

今回の鶴雅「売店便り」をご紹介します〜

2019夏の鶴雅売店便り

2019夏の鶴雅売店便り

りんごちゃんというスタッフさんが紙面で大活躍!見ているだけで楽しいです♪

スタッフの方がこんなTweetをされていました。

https://twitter.com/zakiaina0528/status/1145838868765089792

売店便りにあわせて、売り場を作っています!!素晴らしいですね!

 

売店でSNSもしているので、ぜひご覧になってくださいね〜

SNSのアカウントも表示

SNSのアカウントも「売店便り」に表示

 

 

あかん遊久の里鶴雅〒085-0467 北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4丁目6番10号TEL.0154-67-4000 FAX.0154-67-2754

 

 

アイムは、あなたの想いを発信します!!

とってもためになるマーケティングコンサルタント藤村正宏師の ブログも見てね!↓↓↓↓

藤村正宏ブログ

さっぽろ西町ハム工房の「西町わくわくテント市」3日目


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟お客様のファン創りのお手伝いDMアドバイザーの智恵子です。

さっぽろ西町ハム工房の「西町わくわくテント市」当日の様子を写真で振り返ります。

19日(日)は、5店舗の出店です。

19日午前中の様子

19日午前中の様子

今度は、右から小樽のドライリンゴとドライトマトのサニーデリセッコさん。土曜日は人通りの良くないところでしたので、日曜日は一番入り口近くにセッティング!

お友達も多く来店のサニーデリセッコさん

お友達も多く来店のサニーデリセッコさん

土曜日よりも試食が賑わっていた感じです。

土曜日に引き続き古民家カフェのmisaki coffee & roasteryさん。

アイスコーヒーの試飲が冷たくて美味しかった!

アイスコーヒーの試飲が冷たくて美味しかった!

私も2杯も試飲させていただきました。

西のコンサ通り商店会のお仲間のダスキンすずらんさん。

ディスプレイがさすが!慣れています!

ディスプレイがさすが!慣れています!

店頭販売もされているため、目を引くディスプレイでした。すごいなと思ったのは、右端のスポンジタワー!1日目に風が強くて、飛んでしまったためプラスチックで周りを巻いて、一体化したというアイディア!

ファームタムタムのアスパラ〜〜〜

蘭越町のファームタムタムから直送!

蘭越町のファームタムタムから直送!

朝早くに車で運んでくれました。チラシに「売り切れ次第終了」と掲載した効果か車降りて、アスパラ一直線にいらした方も(笑)

どんな人が生産者かわかるようにPOPを!

どんな人が生産者かわかるようにPOPを!

次々来店して、午前中に売り切れました。

そして、アイムでは、マルコウ福原伸幸商店のにしんジャーキーを!

Continue Reading

さっぽろ西町ハム工房の「西町わくわくテント市」2日目


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟お客様のファン創りのお手伝いDMアドバイザーの智恵子です。

さっぽろ西町ハム工房の「西町わくわくテント市」当日の様子を写真で振り返ります。

18日(土)は、6店舗の出店です。

18日午前中の様子

18日午前中の様子

右から、古民家カフェのmisaki coffee & roasteryさん。

この時期ならではのコーヒー豆を!

この時期ならではのコーヒー豆を!

ハンドメイド雑貨販売のmimi*mikkeさん。

ティッシュケースやポーチ、マスク、リボンなど

ティッシュケースやポーチ、マスク、リボンなど

岩見沢の駄菓子屋お菓子な家さん。

お菓子でできたブーケやリュック、首飾りなど

お菓子でできたブーケやリュック、首飾りなど

小樽のドライリンゴとドライトマト サニーデリセッコさん。

かめばかむほど味が出るドライリンゴやドライトマトなど

かめばかむほど味が出るドライリンゴやドライトマトなど

おさしみわかめの光海藻さん。

元気いっぱい光海藻さんのスタッフ

元気いっぱい光海藻さんのスタッフ

元気いっぱいで、積極的で、試食を勧めるのが上手なスタッフさんテント市を盛り上げてくれました。

北海道フード工房さんは、野菜や花の苗を出店。

じゃがいも詰め放題100円やりたかった〜

じゃがいも詰め放題100円やりたかった〜

この日が一番多い出店で遠くからも何かやっているな〜と… Continue Reading

学生さんたちに手描きPOPをお伝えしました!阿寒湖にて


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟お客様のファン創りのお手伝いPOP広告クリエイターの智恵子です。

阿寒の鶴雅リゾートにて、観光業を目指す大学生のための「観光人材養成講座」の一コマでPOP講座をさせていただきました。鶴雅リゾートの売店を統括している秋本 武洋 (Takehiro Akimoto)さんが鶴雅の売店の事例を交えて、基本的な考え方を話してくれて、その後に私が描き方をお伝えして、実際にPOPを描くと言う流れです。

U字型のテーブルに袖付きイスに座る大学生たち

U字型のテーブルに袖付きイスに座る大学生たち

手描きPOPを作る時に、私はPOP文字の描き方をお伝えします。POPを教えている方の中には、POP文字じゃなくて「自分の文字で描いていいよ」という人も多くいます。

自発的にPOPを習いに来る人は、やる気もあるし、絵心もあるという方が多いと思います。

でも、今回のように強制的(!?)に習わされる人や絵心がないから、上手く描けないだろうなと思っている方たちにはPOP文字を最初にお伝えすると、手描きPOPへのハードルが低くなり、POPに向き合いやすくなると思っています。

POP文字の意味とは?

そうそうPOP文字は、「書く」のではなく「描く」んです!実は、文字としてでは無く、図形として捉えて欲しいんです。

なぜなら人は

  • 左脳で文字を認識し、その意味を考え、購入したら、どんなメリットがあるかを考えます。
  • 右脳で図形の色、形などから受けるイメージを膨らませ自分にとって好ましいものかを考えるんです。

右脳は、その視覚情報が感性に訴えかけ、「素敵!」「かわいい!」「かっこいい!」そして、「欲しい!!」となるのです。

なので、POP文字は図形として、できています。ハネやハライがありません。四角いっぱいいっぱいに描いて、明るいイメージをつくります。

POPの文字のイメージがそのまま商品のイメージになるのでPOP文字はとっても重要です。

図形として描けば、うまい下手は全然ありません。誰でも描くことができます。

学生さんたちの作品事例

鶴雅さんの素敵なところは、実際のPOPをすぐ描いてもらって売店に張りだそうというチャレンジングな取り組みです。

学生さんたちのPOP1

学生さんたちのPOP1

学生さんたちのPOP2

学生さんたちのPOP2

学生さんたちのPOP3

学生さんたちのPOP3

学生さんたちのPOP4

学生さんたちのPOP4

Continue Reading

小樽の歴史的建造物の「小樽和菓子工房游菓(ゆうか)」


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟おたる案内人1級の智恵子です。

昨日に続いて、小樽の歴史的建造物のご紹介をしたいと思います。

小樽の歴史的建造物 旧塚本商店 旧丸市後藤商店

あれ?昨日と同じじゃん!スミマセン、そうなんです。昨日と同じ建物です(笑)

歴史的建造物の旧丸市後藤商店

歴史的建造物の旧丸市後藤商店

この建物の向かって右がお蕎麦やさん「小樽北勝庵」で向かって左が「小樽和菓子工房游菓(ゆうか)」です。

小樽和菓子工房「游菓」

小樽和菓子工房「游菓」

紫の暖簾が目を惹きます。

2017年にオープンしていて、前を通るたびに気になっていたのですがなかなかタイミングが合わず…

のぼりとお店前のPOPを見て、冷凍みかん大福が食べたい!!

冷凍みかん大福

冷凍みかん大福

でも大福にみかんって、どうなんだろう…という疑問もありました。とりわけ果物が好きーーー!ってわけではないので大福は、豆大福とか草大福とかを選んで買ってしまいます。

でもこのお店は「冷凍みかん大福」だろう!と意を決して、購入。

 

宴会の前に買ったので、家に帰ってから食べてみました。

游菓の冷凍みかん大福

游菓の冷凍みかん大福

もちろん全解凍で、めちゃジューシーーーーーー!めっちゃ美味しい!!いやびっくりするほど、美味しかった!大福の皮の厚さもちょうど良く、すっかり気に入りました。また、食べたいわーーー

今度は、半解凍にチャレンジしてみたい。

HPで情報を検索してみたら、なんとどら焼きが美味しいらしいです。小樽地鶏の卵や道産の小麦や小豆を使った優しい甘さとか。今度は、どら焼きも買わなきゃね〜

 

小樽和菓子工房游菓(ゆうか)

〒047-0031 北海道小樽市色内1丁目6−27営業時間 9:00~18:00定休日 木曜日

 

 

アイムは、あなたの想いを発信します!!

とってもためになるマーケティングコンサルタント藤村正宏師の ブログも見てね!↓↓↓↓

藤村正宏ブログ

1 / 6712345...102030...最後 »