* You are viewing the archive for the ‘小樽のこと’ Category

2021年10月11日からの黒板POP


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟お客様のファン創りのお手伝いPOP広告クリエイターの智恵子です。

黒板POPで1週間を振り返ります〜

#黒板同盟

10月11日

小樽旧寿原邸への来館者 1,105名

小樽旧寿原邸への来館者 1,105名

週末は最後の小樽旧寿原邸の当番でした。 今年度は1,000名のご来館と、昨年度の半分でしたが、 大学の先輩や友達など来てくれて、とっても嬉しかったです! 初めてのイベントも盛況で一安心。 私達NPO法人小樽民家再生プロジェクトは、 小樽の街並みを守るために引き続きがんばります!  

10月12日

小樽はニシンだけじゃない

小樽はニシンだけじゃない

おたる案内人1級をとりましたが、小樽で帆立漁が盛んだったことを知りませんでした… 一緒に覚えましょう! 「小樽は明治から昭和初期ホタテ漁の先進地」!! でも、獲り尽くしてしまったそう…  

10月13日

ホタテ養殖にチャレンジ

ホタテ養殖にチャレンジ

1979年から祝津沖でホタテ養殖の試験に着手し、82年に事業化に成功します! 以降、ホタテ養殖は成長を続け、現在では漁獲量・金額ともに市内漁業のトップ水準となっています。 その大半が稚貝や半成貝(約一年半育てた状態)として、 道東や東北に出荷されていきます。 数年後、そのホタテは市場に出回りますが、 「原産地小樽」ということは、一般の消費者にはほぼほぼ知られていません。 あなたが買ったサロマのホタテも、もしかしたら小樽産かも!!  

10月14日

Continue Reading

小樽旧寿原邸当番日誌「10月9日」9.5ミリ映写機の展示と上映会


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟NPO法人小樽民家再生プロジェクト理事の智恵子です。

NPO法人小樽民家再生プロジェクトは2021年度の小樽旧寿原邸(すはらてい)の運営・管理を委託されました。

10月9日は、9.5ミリ映写機の展示と上映会を開催しました。とってもマニアックな内容のため、イベント企画の最初から、何人集まるか不安がいっぱいでした(笑)ところがフタをあけると、定員20名満員の大盛況でした。

戦前の小樽で流行した9.5mm映画は、ホームムービーとしてフランスのパテー社から発売されました。戦後8mm映画に駆逐されるまでの短命なフィルムフォーマットだったと言えます。高価な映写機やカメラが小樽で流行したのは、当時の小樽の人々の経済力があったのかもしれません。今回は、登別映像機材博物館が所有する道内で唯一稼働する映写機(パテ社製、アルマ社製)を使い、本機の特殊な映写機構を解説、実演する上映会です。

なんとも素敵なテーブルが台となっております

なんとも素敵なテーブルが台となっております

準備中の様子

準備中の様子

講師は、登別映像機材博物館 館主 山本敏氏と映写技師 松本浦氏。最初は、プロジェクターを使って、9.5ミリのフィルムの理由とかフランスのパテ社の映写機のかわいいニワトリ型の特徴とかどうやって映写されるのか、フィルムがどう通って巻き取られるのかわかりやすく説明いただきました。

パテ・ベビーの広告

パテ・ベビーの広告

ホームムビーの販売用のチラシ?かな。家族で楽しめる様子がわかりますね。

映写機の動きをライブで説明

映写機の動きをライブで説明

映写機の細部の動きを、その場でスマホで撮影した映像をプロジェクターで写すと、よくわかり、感激しました!

この後、9.5ミリ映写機の実演です!

なんの映像でしょうか???

なんの映像でしょうか???

誰かの運動会の様子やチャップリンみたいな喜劇カラスのアニメーションなどいろんなフィルムを見せていただきました。

映し出されるのは、小さい画面だったのですが、意外と鮮明でびっくりしました。

松本浦氏から映写機のポストカード

松本浦氏から映写機のポストカード

松本浦氏から映写機のポストカードのプレゼントもいただきました。

参加者の方からも「わかりやすく説明していただき、とても面白かった」とのお声を多くいただきました。大変貴重な動く9.5ミリ映写機!北海道で多分ここにお持ちいただいた2台だけ!とても素敵な体験をさせていただきました。… Continue Reading

小樽旧寿原邸当番日誌「10月2日」石蔵づくりのイベント開催


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟NPO法人小樽民家再生プロジェクト理事の智恵子です。

NPO法人小樽民家再生プロジェクトは2021年度の小樽旧寿原邸(すはらてい)の運営・管理を委託されました。

10月2日は、緊急事態宣言が開けて1ヶ月以上ぶりに一般公開を再開しました。

小樽旧寿原邸は色づいておりました!

小樽旧寿原邸は色づいておりました!

そして、ぎりぎり中止を避けられたイベント小さな小樽「あなたの石蔵」作りを開催することができました。定員5名で午前午後が満席となっておりましたので、ほっと胸を撫で下ろしました。

軟石やさん監修 かおるいえの石蔵です

軟石やさん監修 かおるいえの石蔵です

北海道遺産でもある札幌軟石を削って、屋根に色をつけて自分だけの石蔵をつくります!

ペーパータオルと軟石に水をシュッシュとふりかけます。削った粉が舞わなくなります。

定規を当てて、削っていきます

定規を当てて、削っていきます

真剣に彫っている参加者の皆さん

真剣に彫っている参加者の皆さん

午後の部の皆さん

午後の部の皆さん

お向かいはご夫婦でのご参加

お向かいはご夫婦でのご参加

彫る時間は大体40分、溝の深さはそれぞれお好きなだけ彫ります。掘った後は、屋根に色を塗ります。

ご用意したカラーは、小樽カラーの3色。築港(ブルー)てんぐ山(レッド)運河(エメラルドグリーン)

なんと午前も午後も、誰も「築港」を選んでくれませんでしたーーーなぜでしょう?「築港に馴染みがないよね」とおっしゃっていた方も。そうか、築港もう少し知名度アップをがんばらないとね…

札幌軟石は、約4万年前に支笏火山が噴火して火砕流が札幌周辺に流れてきて、冷えて固まった岩石です。そして、約150年前、北海道が開拓されたのですが北海道は恐ろしく寒い!というのと冬に家の中で火を焚くので、火事が多い!という問題がありました。それを解決する資材を探していたところ南区にあった札幌軟石を発見したそうです。

札幌軟石は保温性が高いので、野菜などの貯蓄に最適でした。

札幌軟石は耐火性があったので公共施設や重要なものを保管するのに最適でした。

それで札幌に多くの軟石の建物が建てられたそうです。

 

皆さんが集中して取り組んでくれて喜んでくださりました。とっても嬉しいです。

札幌軟石のことを知って、いろんな建築物にも興味をもっていただければ幸いです。

 

札幌軟石のことは、ぜひ… Continue Reading

小樽の梁川通り商店街にて奈良美智展開催2021


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟おたる案内人1級の智恵子です。

Twitterで、現代アート作家の奈良美智さんが札幌、小樽の小さなお店を応援するプロジェクトのことを知りました。

2021年の5月ごろ、奈良美智さんの写真展が小さなお店で行われました。日程があわずにそれは見に行けなかったのですがなんとその後、小樽にて展示会が開かれると言うことを知りました。

どうにか時間を見つけて、行ってきました。

梁川通りの結構奥の長屋の一番左

梁川通りの結構奥の長屋の一番左

Love From The Sea 奈良美智展

Love From The Sea 奈良美智展

古民家の雰囲気がいい感じ

古民家の雰囲気がいい感じ

女の子がいっぱい

女の子がいっぱい

双葉大使

双葉大使

あきらめたって人生の長さは変わらないんだぜ

あきらめたって人生の長さは変わらないんだぜ

昔のこの建物です!

昔のこの建物です!

Continue Reading

ツルヤ餅菓子舗さんの大福を差し入れに


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟おたる案内人1級の智恵子です。

NPO法人小樽民家再生プロジェクトでは、小樽の街並みを守るため、小樽に移住者を増やす活動をしています。

小樽の空き家を工房や店舗、もしくは住まいにしてくれる方を探しています。

そして、移住体験ツアーを企画した時に参加してくださったNさんが小樽で起業してくれました。

そのNさんのインタビュー動画を撮るために小樽へやってきました。

高速おたる号を住吉神社前で降りました。大正時代に創業されたツルヤ餅菓子舗さんに立ち寄り

ツルヤ餅菓子舗 煙突がかっこいい

ツルヤ餅菓子舗 煙突がかっこいい

店内のショーケースも昔のまま大切に使われていました。

ミニチュアの杵と臼

ミニチュアの杵と臼

大福を購入!

レトロな掛け紙

レトロな掛け紙

大福いろいろ

大福いろいろ

午前中なので、絶対買えると思ったんですよね〜〜〜みなさんにも喜んでいただけました!美味しいものはみんなを笑顔にしますね♪

インタビューもスムーズに終了!あとは編集をがんばります〜〜〜しばしお待ちください。

 

そんなNPO法人小樽民家再生プロジェクトでは旧寿原邸の運営をしております。空き家の相談もお受けします。緊急事態宣言があけたら、ぜひいらしてください。

旧寿原邸一般公開 2021年10月10日まで土日祝日のみ 10:30〜16:00小樽市東雲町8-1

 

アイムは、あなたの想いを発信します!!

とってもためになるマーケティングコンサルタント藤村正宏師の ブログも見てね!↓↓↓↓

藤村正宏ブログ

BOOK & BAR & HOSTEL「魁陽亭 越治」


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟おたる案内人1級の智恵子です。

小樽のある方のインタビューに同行させていただき、初めてBOOK & BAR & HOSTEL「魁陽亭 越治」にお邪魔しました。2020年5月にオープンしました。できた時からとっても気になっていたのですがコロナ禍もあり、なかなか行けなかったお店です。

ローソンの隣が入り口です

ローソンの隣が入り口です

昔々この場所に、伊藤整や小林多喜二など多くの文豪や芸術家たちが集まっていた喫茶店「越治」があったそう。とてもキレイなノスタルジー漂う空間です。

たくさんの本が本棚に並んでいます

たくさんの本が本棚に並んでいます

個室もあります。

個室もあります。

若者たちに来て欲しいというようなことがHPに書いてありましたが若者が集える雰囲気ではないかも。

とても静かな感じなので、一人で利用するのもいいかも!

越治のミートチーズナポリタン

越治のミートチーズナポリタン

コーヒーフロート

コーヒーフロート

小樽大好きな方に、想いをあれこれ伺ってまだまだ知らない小樽の魅力があるんだな〜と感じました。もっともっと小樽を知りたいと思ったインタビューでした。

 

 

アイムは、あなたの想いを発信します!!

とってもためになるマーケティングコンサルタント藤村正宏師の ブログも見てね!↓↓↓↓

Continue Reading

小樽旧寿原邸当番日誌「8月15日」もったいない市


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟NPO法人小樽民家再生プロジェクト理事の智恵子です。

NPO法人小樽民家再生プロジェクトは2021年度の小樽旧寿原邸(すはらてい)の運営・管理を委託されました。

お盆はお墓参りに函館へ行く予定でしたが札幌がまん延防止措置区域になってしまったので、中止しました。

そして、小樽旧寿原邸では、直前に8月14日と15日の二日間開催となり人手が足りないという事で、受付をすることになりました。

8月15日(日)もったいない市

朝8時半ごろ旧寿原邸に到着。すでに準備が始まっています。

お庭にも、和室にも沢山もったいない商品が並んでいます。

アプローチ

アプローチ

3階和室はアンティーク

3階和室はアンティーク

まだ動くラジオ

まだ動くラジオ

上品なウェッジウッド

上品なウェッジウッド

古物処もがの和雑貨

古物処もがの和雑貨

古物処もがの和雑貨2

古物処もがの和雑貨2

蔵のお宝いろいろ

蔵のお宝いろいろ

Continue Reading

黒川絵里奈さんの切り絵個展「金魚日和」@unga plus gallery


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟NPO法人小樽民家再生プロジェクト理事の智恵子です。

小樽旧寿原邸の当番のあと、急いでUNGA↑へ向かいました。 黒川絵里奈さんの切り絵個展「金魚日和」を見るためです。 阿寒の鶴雅リゾートの売店で販売されている作品を見て、 素敵だな〜〜〜って思っていて プロフィールを見ると、同じ大学の出身ではありませんか! Facebookページをフォローしていて、いつか個展におじゃましたいな〜 と思っていました。 たまたま札幌ではなく、小樽でおじゃまできることになりました。  
朧月夜

朧月夜

五節舞姫

五節舞姫

睡蓮

睡蓮

実際に見ると、とても繊細で 額の奥行きによって、映し出される切り絵の影が 雰囲気をだしています。 とっても素敵でした〜〜〜!!!
黒川絵里奈さんと!

黒川絵里奈さんと!

ギリギリ最終日に見ることができて良かったです。 黒川絵里奈さんも清楚でかわいい女性でした。 一匹かわいい金魚を連れて帰りましたよ♪
金魚玉

金魚玉

夏らしく爽やかな金魚玉!吊るしてもいいし、置いてもいい!

切り絵の金魚すくいもやっていたのでやっぱりすくえば良かった…

 

unga plus gallery小樽市色内2丁目1番20号 UNGA↑(うんがぷらす)2F

 

アイムは、あなたの想いを発信します!!

とってもためになるマーケティングコンサルタント藤村正宏師の ブログも見てね!↓↓↓↓

Continue Reading

小樽旧寿原邸当番日誌「8月9日」


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟NPO法人小樽民家再生プロジェクト理事の智恵子です。

NPO法人小樽民家再生プロジェクトは2021年度の小樽旧寿原邸(すはらてい)の運営・管理を委託されました。

東京オリンピック2020も終了の三連休の最終日8月9日。お天気は曇り、「きっと人出は少ないだろうな〜」と思いつつゆっくりと掃除をして、いつも蜘蛛の巣ができて気になっていた3階の廊下の角を念入りに掃除をしました。白い点々が付いていたのをマイクロファイバーでこすると落ちますが、マイクロファイバーが真っ黒に(笑)気持ちいいくらい汚れが取れて大満足。

ついに雨が降り出しました

ついに雨が降り出しました

予報通りの雨です。風がさほどないので、窓を開けていても大丈夫なのがありがたい。きちんと軒があるからですね〜

雨が滴る旧寿原邸

雨が滴る旧寿原邸

来館者が全然きません。小樽の歴史の教科書を開いてみたりしましたが、もったいない市の写真を撮ることに。

アンティークなものいろいろ

アンティークなものいろいろ

古時計

古時計など

小さなライティングデスク

小さなライティングデスク

ガスストーブ?

ガスストーブ?

古時計と温度計

古時計と温度計

山ほどいろんなガラクタがあります(笑)

 

もったいない市掘り出し品を販売いたします。 … Continue Reading

小樽旧寿原邸当番日誌「7月31日」癒しの聞香体験会


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟NPO法人小樽民家再生プロジェクト理事の智恵子です。

NPO法人小樽民家再生プロジェクトは2021年度の小樽旧寿原邸(すはらてい)の運営・管理を委託されました。

7月31日は、6月から延期となっていた「癒しの聞香体験会」でした。8名ずつ午前、午後と計16名は、あっという間に満席になり、全然SNSでの告知をしませんでした。

朝から暑い日で、1階の和室は日当たりが大変よく室温が高かったので、扇風機を1台設置しました。

和日咲美研究会の理事 福原悦理子さんに講師を務めていただきました。

和日咲美研究会の福原さんの香木の説明

和日咲美研究会の福原さんの香木の説明

丁寧な説明

丁寧な説明

浴衣で来てくださった方もいっぱい!

和日咲美研究会のメンバーにて

和日咲美研究会のメンバーにて

午後の部も浴衣姿の方、多数

午後の部も浴衣姿の方、多数

所作が美しい

所作が美しい

聞香(もんこう)の香りは、とってもほのかなため、全集中しないと聞くことができません。 香りは、「嗅ぐ」のでなく、「聞く」のだそう。 今回は3種類の香木(こうぼく)を聞きました。 日本人の感覚の繊細さには、驚くばかりです。 回を重ねると聞けるようになるそう。 何事も鍛錬ですね。

 

日本の文化って、素晴らしいと思います。 今まで知らずに育ってきたのが、残念でなりません。 少しずつでも和文化を知って行きたいと思います。 それにしても、暑すぎでした。 汗だくでの聞香、大変申し訳ありませんでした。 でも、「また来年も!」の声を多くいただき、 大変嬉しく思います〜   ありがとうございました!! Continue Reading
1 / 3312345...102030...最後 »