* You are viewing the archive for the ‘小樽のこと’ Category

旧小樽倉庫にオープンした小樽百貨UNGA↑(ウンガプラス)


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟おたる案内人1級の智恵子です。

2019年12月18日に小樽の運河プラザのところに小樽百貨UNGA↑(ウンガプラス)さんがオープンしました。

UNGA↑とは、小樽の新たな魅力を発信しているご当地ブランドです。小樽が海運業から栄えたことと開運 運がアップすること小樽は運河以外の魅力も満載 運河+αいっぱいめでたい意味が重なっている素敵なブランド名です!

UNGA↑のコンセプトやストーリーは、ぜひHPをご覧ください!

運河沿いの旧小樽倉庫にある「小樽百貨UNGA↑」

運河沿いの旧小樽倉庫にある「小樽百貨UNGA↑」

旧小樽倉庫は、明治27年に竣工された木骨煉瓦造2階建の歴史的建造物です

旧小樽倉庫は、明治27年に竣工された木骨煉瓦造2階建の歴史的建造物です

今までの小樽のお土産さんでは、なかったセンスのいいパッケージデザインと品揃えです。老舗のお菓子屋さんも素敵なパッケージに喜んでいらっしゃるんじゃないでしょうか?

和三盆と飴

和三盆と飴

消防犬ぶん公おかき

消防犬ぶん公おかき

私が好きなぶん公のイラストが入ったおかきもありました!!ぶん公は、小樽の消防犬で、運河プラザの前に銅像があります。火事の時は、真っ先に消防車に飛び乗って、現場でホースのほつれを直したりしたとか。

小樽をイメージさせるモチーフのアクセサリーやグラス

小樽をイメージさせるモチーフのアクセサリーやグラス

一番気になっているのは、旧日本郵船小樽支店の装飾品をモチーフにしたネックレスです。めっちゃ欲しい〜〜〜!

もち米100%の最中種にチョコが入っている「小樽 めぐりたい」

もち米100%の最中種にチョコが入っている「小樽 めぐりたい」

どの商品にも、小樽への想い、小樽の良さがつまっています。なんだか幸せな気分になれます。

小樽へ行ったら、UNGA↑(ウンガプラス)でお土産を買って帰路へついてくださいね〜〜〜

 

 

アイムは、あなたの想いを発信します!!

とってもためになるマーケティングコンサルタント藤村正宏師の ブログも見てね!↓↓↓↓

Continue Reading

移住希望者のための小樽体験ツアー(2)の交流会に参加


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟NPO法人小樽民家再生プロジェクト理事の智恵子です。

先週に引き続き、2月15日・16日は、小樽市から委託を受け、小樽民家再生プロジェクトで移住・起業希望者向け小樽体験ツアーを開催しました。

今回は定員いっぱいの応募があり14時から先輩移住起業者のキムグラスさん、パンのヨルトノさん、オサワイナリーさん、游菓さんの仕事見学が終わった後私は、1日目の研修会と交流会に参加させていただきました。

会場は元海猫屋の煉瓦倉庫

会場は元海猫屋の煉瓦倉庫

白樺薪で焼き上げる北海道産熟成肉と魚介  ISO

白樺薪で焼き上げる北海道産熟成肉と魚介 ISO

ISO(イソ)の3階を貸切です。

NPO法人小樽民家再生プロジェクト副代表の石井さんの講義です。テーマは、「小樽の歴史と小樽起業環境」

歴史文化研究所副代表 石井伸和氏

歴史文化研究所副代表 石井伸和氏

小樽港民→小樽志民→小樽協民

小樽港民→小樽志民→小樽協民

石井さんの小樽愛がいっぱい詰まった講義でした。

川嶋さんの小樽雪あかりの路など小樽のお祭りのお話

川嶋さんの小樽雪あかりの路など小樽のお祭りのお話

参加者が多かったため、みなさんとお話することはできませんでしたがなんと小樽商大の先輩が3名もご参加してくださっていました!!今は小樽に住んでいらっしゃいませんが、定年後、小樽で喫茶店をしたいとか石蔵を工房にしたいとかというお話を聞いて、小樽の街のパワーを感じました。

小樽商大に通うのは、たった4年です。でもその4年間に小樽に強い想いを抱き何十年の時を経て小樽に帰ってくるなんて!!

小樽の魅力は計り知れません。

ご参加ありがとうございました。

 

アイムは、あなたの想いを発信します!!

とってもためになるマーケティングコンサルタント藤村正宏師の ブログも見てね!↓↓↓↓

Continue Reading

移住希望者のための小樽体験ツアー(1)に同行


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟NPO法人小樽民家再生プロジェクト理事の智恵子です。

2月9日・10日は、小樽市から委託を受け、小樽民家再生プロジェクトで移住希望者向け小樽体験ツアーを開催しました。

限定7名でしたが、実際は一家族3名様のご参加でした。

グリーンホテルに集合して市役所の方と挨拶を交わして、先輩移住者のところへ。

梁川通りの虹霓舎さん

梁川通りの虹霓舎さん

もともとあおば模型店を住宅兼アトリエにされている「虹霓舎(こうげいしゃ)」さん作家の稲垣さんは、ガラス工芸をされていて、小樽ではめずらしい切子硝子をつくられます。

切子硝子の作品

切子硝子の作品

一階がアトリエで二階にお住まいです。煙突式のストーブ一台で意外と寒さは大丈夫なようです。押し入れの襖には硝子の引き戸が使われていて、びっくり!磨りガラスで素敵でした。

二軒目は、船見坂の上へ。

木鳥標札のメリーゴーランドさん

木鳥標札メリーゴーランドさん

木彫工房メリーゴーランドのオーナーで職人の山口保さんは岐阜県生まれスウェーデンで看板図工として、働いたのち1975年に小樽に移住されました。

小樽がどういう街かということをお話ししてくださいました。保守的な街だけれども、魅力がいっぱい眠っているので新しく挑戦する人を望んでいるとのエールも!小樽愛が伝わってきました。

この後は、健康応援社さんへ。

築100年以上の古民家

築100年以上の古民家

玄米自然食レストラン「ゆるり庵」もやっています。NPOでマッチングして、もうすっかり小樽の一員になったオーナーの小林さんのお店。

これから移住する方へ小樽のことを知ってもらおうとプチ研修会も企画していました。

お一人目は、まち文化研究所の塚田敏信さん。

小樽生活の楽しみを語る

小樽生活の楽しみを語る

マニアックで、めっちゃ面白い!!

小樽のお菓子、駅弁のサンプルも!

小樽のお菓子、駅弁のサンプルも!

マニアックすぎて、これから移住する方たちにどのくらい面白さが伝わったのかは、まったくわかりません。小樽の歴史に詳しい石井さんでさえ、わからないことが多かったようです(笑)

歴史文化研究所副代表の石井伸和さんの話もちょこっと。

Continue Reading

小樽雪あかりの路2020 あったマルシェで箒のワークショップ


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟おたる案内人1級の智恵子です。

2020年の小樽雪あかりの路は、2月9日(日)〜16日(日)です。雪あかりの路に合わせて行われる旧三井銀行小樽支店の@Marché(あったマルシェ)は、2月8日(土)〜11日(火・祝)。

旧三井銀行小樽支店

旧三井銀行小樽支店

@Marché(あったマルシェ)

@Marché(あったマルシェ)

今回は、箒づくりのワークショップに出たくて旧三井銀行小樽支店の開館時間、11時に合わせて行ってきました。ほぼ11時だったはずなのに、行ってみると、もうすでに人がはいっていて、焦りましたが、無事ワークショップに参加できました。

金庫室で制作体験

金庫室で制作体験

『中津箒』さんの商品

『中津箒』さんの商品

真ん中にある小さな箒を自分で作ります。最初に箒の柄のところに巻く紐の色を選びます。なんと珍しくピンクを選びました。べんがらピンク!

なんと足を使います!

なんと足を使います!

ピンクの紐を自分で巻いていきます。力加減とまっすぐ均等にとか意識しながら。

私が制作体験している間、20代くらいのカップルが箒をじっくり見ていました。若い人たちにとっては、かなり新鮮に違いありません。

いろんな柄の箒たち

いろんな柄の箒たち

毛先が柔らかくて、畳を掃除するには最適だそうです。もちろんフローリングにも優しいとのこと。

1本1万円以上しますのであら!素敵!気に入ったわ〜!買いましょう!なんてなる商品ではありません。

ですが、その若い女性が気に入ったようでその場でお買い上げ!!(驚)

私も「これで寿原邸を掃除するとめっちゃいいな〜」って思いましたが、そこでは買えませんでした…

でも、1点1点違うので、この機会を逃したらもう2度とこの箒を買えないかもしれません。

一期一会

いつも優柔不断で決断力の無い私。「見習おう」と思いました。

Continue Reading

小樽の住吉神社で北海道ご当地みくじ 鰊の「えぞみくじ」をゲット!


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟おたる案内人1級の智恵子です。

Facebookページで小樽の住吉神社に「えぞみくじ」なるものが登場したという情報を得て、とっても気になっていました。2020年初詣にて、手稲神社で「ジンギスカン北海道みくじ」を見つけここにも「えぞみくじ」あったんだ〜と思いましたが、みくじを開いてみると、北海道弁じゃない…ぐぐってみると、えぞみくじじゃないらしい。

で、ようやく住吉神社へ行くことができました〜〜〜

小樽の住吉神社へ

小樽の住吉神社へ

土曜日の午後、誰もおりません。

階段はヒートマットが敷かれていて歩きやすいです

階段はヒートマットが敷かれていて歩きやすいです

拝殿 なにやら工事中

拝殿 なにやら工事中

お参りをしたら、中では祈祷が行われているようでした。

キレイな朱色 塗ったばかりのようです

キレイな朱色 塗ったばかりのようです

神輿殿をバックにちょっとユーモラスな狛犬

神輿殿をバックにちょっとユーモラスな狛犬

さあ!社務所に向かおうと振り向くと

わぉ!海が見えます!

わぉ!海が見えます!

住吉神社の社務所 小樽市指定歴史的建造物

住吉神社の社務所 小樽市指定歴史的建造物

1934年(昭和9年)に建てられた、木造1階建ての社務所。設計は、旧小樽区公会堂の設計者としても知られる加藤忠五郎とあります。

正面からは入ることができないので、左側に回ります。こちらで北海道ご当地みくじの「えぞみくじ」に会えます!

なんと船の中の鰊を釣らなくてはなりません。

Continue Reading

旧寿原邸リノベーションまちづくり交流事業の四回目


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟NPO法人小樽民家再生プロジェクト理事の智恵子です。

12月7日は、旧寿原邸リノベーションまちづくり交流事業の第四回目 旧寿原邸にまつわる歴史講座&語り部落語でした。

2019年12月7日の旧寿原邸

2019年12月7日の旧寿原邸

天気も良く、定員30名のところ、40名のご参加となりました。

最初は、我らNPO法人小樽民家再生プロジェクトの理事の石井伸和さんによる「旧寿原邸にまつわる歴史解説」を。

NPO法人歴史文化研究所の副代表でもある石井石井伸和さん

NPO法人歴史文化研究所の副代表でもある石井伸和さん

旧寿原邸は、大正9年に「小豆将軍」と言われた高橋直治が創建し、その後、昭和9年に寿原外吉の邸宅となりました。昭和61年からは小樽市が所有しております。

建物の話から寿原一族の話、寿原邸の建っている水天宮の話など、1時間半、情報盛りだくさんでした!

続いては、林家とんでん平さんの落語です。

昭和27年小樽市信香町生まれ 林家とんでん平さん

昭和27年小樽市信香町生まれ 林家とんでん平さん

「語り部」と「落語」を合体した「語落(かたらく)」小樽の歴史解説のネタを庶民の目からみて組み立てた創作落語を披露してくれました。

知っている話を落語で聞くと、また違った面白さがありますね。

話の中にぶん公が出てきたのが、嬉しかったです。もっと多くの人にぶん公を知ってほしい〜〜〜!

今日は代表は着物姿でした!

今日は代表は着物姿でした!

階段の丸窓から

階段の丸窓から

参加された方も皆さん笑顔で帰られてこの寒い時期にどうなるかと思いましたが、開催して良かったな〜と思えました。

中心となって準備をしてくれた理事の石井さん、川嶋さんのおかげです。私は、受付など、ちょっとしたことしか手伝えませんでしたが4回出席できて良かったです。

ご参加された皆様もありがとうございます!

さて、旧寿原邸を維持管理できるようチャレンジスタートです。

 

コロンビアでの反省会の一コマ(笑)

コロンビアでの反省会の一コマ(笑)

 

アイムは、あなたの想いを発信します!!

とってもためになるマーケティングコンサルタント藤村正宏師の ブログも見てね!↓↓↓↓

Continue Reading

高橋悦郎さんの「切り絵小樽 建物展」へ


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟おたる案内人1級の智恵子です。

NPO法人小樽民家再生プロジェクトの講座の後に小樽美術館で開催されていた「切り絵小樽 建物展」へ行ってきました。

高橋悦郎さんは、現在79才で47年かけて、小樽の建物や老舗の店を約800枚の切り絵を制作されたそうです。

全然知らなかったのですが、どの切り絵もとても素敵です。全部額に入れて飾って欲しいです!

切り絵の太い黒い線が小樽のなんとも言えない情緒を醸し出しています。

旧日本郵船小樽支店

旧日本郵船小樽支店

冬の小樽運河

冬の小樽運河

銭湯の今昔

銭湯の今昔

石造り倉庫裏通り

石造り倉庫裏通り

坂牛邸

坂牛邸

第四十七銀行

第四十七銀行

カトリック富岡教会

カトリック富岡教会

Continue Reading

旧寿原邸リノベーションまちづくり交流事業の三回目


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟NPO法人小樽民家再生プロジェクト理事の智恵子です。

11月30日は、旧寿原邸リノベーションまちづくり交流事業の第三回目 古民家の傷みやすい部位とその改修方法についての講座でした。

2019年11月末の旧寿原邸

2019年11月末の旧寿原邸

天気は良かったのですが、とっても寒い日でした。

今回の講師は、株式会社A&Aリフォームの廣谷昭さん。現在の一般住宅と古民家の違いや古民家の改修方法をお話し下さいました。(私はずっと受付におり、話が聞けなくて、残念でした)

講座後は、旧寿原邸の邸内を案内してくれました。

キッチンの作り付けの戸棚

キッチンの作り付けの戸棚

一番下は、氷を入れて冷やす冷蔵庫でした。

一番下は、氷を入れて冷やす冷蔵庫でした。

旧寿原邸の茶の間はどこなのか?と尋ねられましたが、正確にはわかりません。1階の和室じゃないのかな〜と思いますけど…

2階の応接室は、映画「Love Letter(ラブレター)」で使われたそうです。

 

2013年当時の寿原邸について書かれた記事です。100年続く建物を修復し活用を―市民ボランティアが支える『旧寿原邸』

 

寿原邸を愛する市民の方がいっぱいいるのでどうにかして維持管理をしていきたいものですね。

近くには、小樽聖公会があります〜

近くには、小樽聖公会があります〜

今回も寒かった(笑)

 

アイムは、あなたの想いを発信します!!

とってもためになるマーケティングコンサルタント藤村正宏師の ブログも見てね!↓↓↓↓

藤村正宏ブログ

旧寿原邸リノベーションまちづくり交流事業の二回目


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟NPO法人小樽民家再生プロジェクト理事の智恵子です。

11月16日は、旧寿原邸リノベーションまちづくり交流事業の第二回目 障子張替え体験&古民家特有邸内清掃体験でした。

雪がうっすら積もった旧寿原邸

雪がうっすら積もった旧寿原邸

先月よりもグッと寒くなりました。

旧寿原邸も冬囲い

旧寿原邸も冬囲い

家の中は、冷え切っていて、外より寒いくらい。仲間が足の裏のホッカイロを持ってきてくれて、大変たすかりました。

お部屋に一つのポータブルストーブでは、さっぱり暖かくなりません(笑)

障子は4枚を張替えました

障子は4枚を張替えました

1枚は先生が実演。

のりの塗り方にもコツがあります

のりの塗り方にもコツがあります

参加者も結構作業できました

参加者も結構作業できました

障子張替え体験指導は山田表具店 山田満博さん

古民家特有邸内清掃体験指導は協和総合管理株式会社 遠藤雅之さん

みなさんから質問も多く出て、学びの多い体験になったように思います。

3階からの景色

3階からの景色 寒い〜〜〜!

私は、寒くて、ほぼストーブの前に…11月末はもっと寒いので、気合を入れなくては!

 

 

アイムは、あなたの想いを発信します!!

とってもためになるマーケティングコンサルタント藤村正宏師の ブログも見てね!↓↓↓↓

Continue Reading

小樽花園の薪窯ナポリピッツァ専門店TheCoastへ


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟おたる案内人1級の智恵子です。

旧寿原邸のリノベーション講座のあとは、友人と小樽の街へ繰り出しました!友人と小樽でお酒が飲めるのが、とっても嬉しい〜〜〜!!!

講座が終わったのが早かったので、古民家好きな友人には17時から空いてる中華料理『くろ』へお連れしたいと思ったのですがなんと「貸切」…

閃いたのは、2016年にオープンして、噂を聞いていたもののなかなか行けていなかった『The Coast』へ!お店の前に行くと「Close」…開店は、17時半でした。

「軽く一杯やってから来よう!」となってなぜか『コロンビア』で一杯(笑)初めて『コロンビア』でビール飲んだわ!

花園の路地にある「The Coast」

花園の路地にある「The Coast」

再訪!

チョークアートがおしゃれ

チョークアートがおしゃれ

一番乗りです。

店内の様子 誰のチョークアートだろう?

店内の様子 誰のチョークアートだろう?

ビールと何品かを注文!

エビのアヒージョ

エビのアヒージョ

めっちゃうま!ニョッキもうま!

人気No.1マルゲリータ

人気No.1マルゲリータ

薪窯で焼いたナポリピッツァ!薄い生地にとろとろチーズがたまりません!

店主のお話を聞くと常に上を目指し、ピザの美味しさにはこだわっている感じ。北海道産の小麦と地元の新鮮な食材を使って美味しいものを作ろうとされています。この熱さは、応援したくなりますね。

一度小樽を出て、戻ってきて、頑張っている様子、今後がとても楽しみです!

 

薪窯ナポリピッツァ専門店コースト ピッツェリア&バール小樽市花園1-6-5Tel.0134-65-8484

 

アイムは、あなたの想いを発信します!!

とってもためになるマーケティングコンサルタント藤村正宏師の ブログも見てね!↓↓↓↓

Continue Reading

1 / 2712345...1020...最後 »