* You are viewing Posts Tagged ‘小樽雪あかりの路’

小樽雪あかりの路2018は、旧三井銀行小樽支店がステキ


こんばんは!おたる案内人1級の智恵子です。

2/9から始まっている「小樽雪あかりの路」に行ってきました。

 

SNSで「小樽案内をしてほしい」というリクエストがあり私も行きたいと思っていた小樽雪あかりの路へ行く提案をしたら小樽初心者の3名の方が集まってくれました〜

初心者には、ぜひ高速おたる号の快適さを体感してもらおうとバスで行くことを決めました。

それぞれがそれぞれのバス停から乗るということで乗るバスの時間を決めて、時刻表をみんなに送りました。

合流した時点で連絡があり、誰も遅れず、無事集合!

高速おたる号の一番後ろを陣取って!

高速おたる号の一番後ろを陣取って!

窓からの景色を楽しんで欲しかったのですがちょい雪景色で窓が曇っておりました…

小樽駅到着〜

北海道初のコンクリート造の駅舎「小樽駅」到着〜

ここから、今回の目玉である旧三井銀行小樽支店へ。

ニトリさんのおかげで息を吹き返した122年間小樽で活躍していた銀行です。小樽芸術村として、これから大いに活躍してほしいと思っています。

ルネサンス様式 5つのアーチが素敵

ルネサンス様式 5つのアーチが素敵

その中が期間限定で雑貨屋さんとカフェになっていました。白鳥陽子さんがプロデュースした@Marché(あったマルシェ)です!

銀行のカウンターで雑貨販売 中でカフェ

銀行のカウンターで雑貨販売 中でカフェ

白鳥さんのセンスが光るとっても素敵な空間です。

長テーブルが置かれていた会議室も変身

長テーブルが置かれていた会議室も変身

調度品も当時のままで素敵です。

サッポロ・シティ・ジャズのミニライブも堪能しました。

小樽芸術村会場は伊藤整の書!

小樽芸術村会場は伊藤整の書!

スイーツを求めて、バスターミナルのあまとうへ。

あまとうのじゃがミルクしるこ!Continue Reading

小樽朝里クラッセホテルの手描きPOP


小樽雪あかりの路の朝里会場を見た後は小樽朝里クラッセホテルへレッツゴー!

こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟おたる案内人1級そして、POP広告クリエイターの智恵子です。

小樽朝里クラッセホテルは、今中国人に大人気の朝里駅からずっと山の方に登って行った朝里川温泉にあるホテルです。

ゆらぎのキャンドルライト

ロビー ゆらぎのキャンドルライトのシャンデリア

私の好きなコーナー

キャンドルテーブル

キャンドルテーブル

お花ではなく、キャンドルがメインにディスプレイされています。

小樽朝里クラッセホテルは手描きPOPがすごい!

今回ご紹介したいのは、ホテルの売店などに飾られている手描きPOPです!クオリティがとっても高いんです。

売店前の黒板POP

売店前の黒板POP

文字がとっても上手なのはもちろん人気商品をラインナップしているところがナイスです!最後の「札幌おかき OH!焼とうきび」が気になります〜〜〜

人気商品の反対側の黒板POP

人気商品の反対側の黒板POP

めっちゃ気になります「乳酸菌スムージー」!この朝里クラッセホテルの前総支配人がめっちゃ健康オタクでこのホテルを健康ホテルにしたいと考えていてホテルに体育館とジム、プールを備えマクロビオティックを取り入れたり、健康のためのサプリメントなんかも開発したりしています。

その前総支配人が見つけてきた金時草配合の乳酸菌スムージーめっちゃ効きそうです(笑)

小樽朝里クラッセホテルオリジナル商品

小樽朝里クラッセホテルオリジナル商品

シャコの旨みがぎゅっとつまった食べるラー油「シャコ醤」が売れているそうです。

店内には、他にもいろいろPOPがありますので、参考になりますよ〜

ロビーのテーブルの上に

ロビーのテーブルの上に

スキー場の割引券ありますよ〜ってかわいくて、目につきますね。

最後に嬉しいモノ見つけました。

パンフレット置きの前にContinue Reading

小樽雪あかりの路2016スタートしました。


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟おたる案内人1級のChiekoです。

今年も小樽雪あかりの路が始まりました!

2月5日から2月14日まで開催されています。今年は早めにパンフレットをゲットしました。

パンフレット表紙

パンフレット表紙

1999年に始まり、今回で18回目です。期間中、会場を訪れる人は50万人だそうです。

さっぽろの雪まつりと同じ時期に行われますがあっと驚くような大雪像やアトラクションはありません。

一個一個ボランティアの方が創ったスノーキャンドルがステキに並べられています。

そのスノーキャンドルのほのかな灯りの中を楚々と歩くのが小樽雪あかりの路のいいところです。

パンフレット中面

パンフレット中面

小樽雪あかりの路おすすめスポット!

小樽雪あかりの路初心者の方!

◎運河会場 にしん漁で使われていたのと同じ吹き硝子製の浮き玉キャンドルのあかりがキレイです!      石造りの倉庫群がノスタルジー

小樽雪あかりの路の温かさを感じたい!

◎手宮線会場 明治15年、日本で4番目に誕生した鉄道。幌内ー手宮間。       昭和60年に廃線となりましたが、一部線路が遊歩道として活躍しています。       線路の両側がスノーキャンドルで灯されます。

寒いのが苦手な方。駐車場が近い会場!

◎朝里川温泉会場 朝里川の川面の石の上に丸く積もった雪とそこに灯るあかりが幻想的。         フォトコンテストの入賞確率が高い気がします。

各会場の写真

各会場の写真

札幌から小樽へのアクセス

もちろん多くの方が、JRをご利用されると思いますが、もし近くにバス停がありましたら、札幌から高速バスが出ておりますのでバスを利用する事をおすすめします。

JRは混雑してすわれない場合があります。札幌より小樽に近い駅での乗車は、座れない確率が高いです。

高速バス「高速おたる号」なら必ず座れます。昼間は10分感覚で出ているので、とっても便利です。高速バスからの眺めもキレイです!

 

小樽雪あかりの路アクセス

 

では、素適な小樽雪あかりの路をお楽しみください!

 

 

アイムは、あなたの想いを発信します!!

とってもためになる藤村正宏師の ブログも見てね!↓↓↓↓

藤村正宏ブログ

「小樽雪あかりの路」旧手宮線会場


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟おたる案内人1級のChiekoです。

札幌雪まつりは終わりましたが、「小樽雪あかりの路」は絶賛開催中!

私が行ったのは、土曜日です。暖かかったので、ホッカイロもいらなかったのですがスノーキャンドルが溶けてしまっていました。運営側は大変だったと思います。

暖かさのせいか、人気のせいか、人がとっても多かったです。

メインの旧手宮線は大賑わい。人が映り込まない写真を撮るのは、大変でした(笑)

ハートハートハート

ハートハートハート スタースタースター

手が込んでいます。

 

押し花のワックスボール

押し花のワックスボール

押し花のワックスボールきれいですね!!

このワックスボールも作るのは、かなりの手間がかかります。

興味のある方は、「ワックスボールの作り方」(9分もあります)をご覧ください。

私は一度ワックスボール作りの体験をしました。

水が入ったゴム風船を何度もお鍋の中に入ったロウにつけてはだしてを繰り返すのです。これが結構な重労働なんです。

私は一個つくって、疲れました…

ボランティアの皆さんが一個一個手作業で作ってくれるのです。

ありがとうございます!

 

 

札幌から小樽へ行く場合は、高速バスの雪あかりの路 高速おたる号、または高速おたる号(円山経由)がオススメです。10分間隔で出ていますし、JRと違って、必ず座れます。進行方向の右側に座ると、海が見えますよ。札幌からだと610円。SAPICA使えます!

 

アイムは、あなたの想いを発信します!!

とってもためになる藤村正宏師の ブログも見てね!↓↓↓↓

藤村正宏ブログ

「小樽雪あかりの路」郵便局のサービス


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟おたる案内人1級のChiekoです。

小樽雪あかりの路」シリーズ三回目です。文学館から運河の方へ向かって歩いて行くと旧北海道銀行本店で現在はワインカフェ「小樽バイン」の前を通り日銀通りと色内大通りの交差する交差点にでます。

ここは三つ角が全て昔銀行だった素適な建物がそびえています。

一つは、三菱銀行小樽支店。今は、小樽運河ターミナルです。

もう一つは、北海道拓殖銀行小樽支店。小林多喜二が5年間働いていたそうです。今は、ホテルヴィブラントオタルです。

もう一つは、第一銀行小樽支店。

銀行ではない一角が、小樽郵便局です。

路上で切手を売っていました。声を張り上げて、がんばっています(笑)

郵便局員さんが切手販売

郵便局員さんが切手販売

小樽雪あかりの路限定の切手かなと思って、覗き込んでみましたが普通の記念切手でした…

でも切手シートを買うと、小樽雪あかりの路のポストカードと浮き球がついてくるとのこと!

切手は、はがきを出すため、いっぱい使うのでつい買っちゃいました(笑)

小樽雪あかりの路ポストカードと切手

小樽雪あかりの路ポストカードと切手

郵便局のお兄さんががんばって声を張り上げていなかったらきっと買っていませんでした。

寒い中、がんばったかいがあったね〜(笑)

きっといい郵便局員さんです。私の中の小樽のイメージアップ!!

それにしても切手シートを買ったら、ポストカードと浮き球がついてくるなんてなんて素適なサービスでしょう!

このポストカードは、小樽雪あかりの路「愛のフォトコンテスト」の入賞者の作品です!これもまた嬉しいですね。

「小樽雪あかりの路」へ行ったら、ポストカードを買ってぜひご家族やお友達に一言書いて、出して欲しいですね〜

 

札幌から小樽へ行く場合は、高速バスの雪あかりの路 高速おたる号、または高速おたる号(円山経由)がオススメです。10分間隔で出ていますし、JRと違って、必ず座れます。進行方向の右側に座ると、海が見えますよ。札幌からだと610円。SAPICA使えます!

 

アイムは、あなたの想いを発信します!!

とってもためになる藤村正宏師の ブログも見てね!↓↓↓↓

藤村正宏ブログ

「小樽雪あかりの路」高山美香展


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟おたる案内人1級のChiekoです。

 

小樽雪あかりの路」の雪あかりの路本部があるのは、市立小樽美術館・市立小樽文学館です。

企画展「北の文人・立ち話―高山美香イラスト原画とエッセイ展」がやっていました。

これがなかなか面白いので、ぜひ雪あかりの路途中で寄って欲しいのです。

イラストレーターでちまちま人形作家の高山美香さんは、朝日新聞に平成23年から3年間、96回にわたって「北の文人 立ち話」を連載されていました。そのイラスト原画と創作メモが展示されています。

私はさほど文学好きではありませんが、文学好きにはたまらない内容ではないかと思います。

例えば、文学好きじゃない私が「へぇ〜」なのは、

  • 夏目漱石の作家人生はわずか10年だった!
  • 小林多喜二は、チャップリンの物まねが得意!
  • 伊藤整は、旅行先には必ずカバンの中に命綱を入れていた!

その人の人柄が垣間見えるイラストには、クスッと笑えて面白いです。私には知らない人ばかりだったので、文学好きの方の感想をぜひ聞きたいです。

文豪の似顔絵の手作り判子も素適です。

2Fの文学館カフェコーナーでは、自由にくつろげます。午後5時までですので、展示を見てから、雪あかりをお楽しみください。

文学館前のキャンドル

文学館前のキャンドル

文学館前のキャンドル2

文学館前のキャンドル2

 

市立小樽文学館〒047-0031 小樽市色内1丁目9番5号TEL.FAX.0134-32-2388

 

アイムは、あなたの想いを発信します!!

とってもためになる藤村正宏師の ブログも見てね!↓↓↓↓

藤村正宏ブログ

「小樽雪あかりの路」名前の由来


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟おたる案内人1級のChiekoです。

いよいよ「小樽雪あかりの路」が始まりました!初日の方が雪の創作物がきれいなので、初日をおすすめしておりましたが今回は気温が高かったようです…私は、7日に行ってきましたが、少し残念なことになっていました。

「小樽雪あかりの路」は、今回で17回目を迎える小樽の冬を楽しむイベントです。

10日間、スノーキャンドルの小さな明かりが町中に灯ります。

メイン会場は、旧手宮線と小樽運河ですが小樽市内の町内会、商店街等でもスノーキャンドルが灯ります。

「小樽雪あかりの路」という名前は、小説家で文芸評論家の伊藤整(いとうせい)の処女詩集『雪明りの路』にちなんでつけられました。

メイン会場ではありませんが、小樽駅から都通のアーケードを歩いて行くと右手にDecember3というお店が見えてきます。

December3横の雪像

December3横の雪像

右に曲がると、雪像が並んでいました。その前を歩いて、右に曲がると…

 

古い下見板張りの家屋

古い下見板張りの家屋

このお宅の前に掲示が。

伊藤整について

伊藤整について

伊藤整ゆかりの道案内板

伊藤整ゆかりの道案内板

どうやらこの古い家屋が「旧衣斐質店」のようです。伊藤整が毎日のように訪れていたようです。

キャンドルも設置されていたので、日が暮れるとここも素敵になると思います。

時間の都合上、日暮れを待てませんでしたが小樽の一面を知ることのできる場所と思います。旧手宮線へ行く前に、ちらっと寄ってみて下さい。

 

札幌から小樽へ行く場合は、高速バスの雪あかりの路 高速おたる号、または高速おたる号(円山経由)がオススメです。10分間隔で出ていますし、JRと違って、必ず座れます。進行方向の右側に座ると、海が見えますよ。札幌からだと610円。SAPICA使えます!

 

アイムは、あなたの想いを発信します!!

とってもためになる藤村正宏師の ブログも見てね!↓↓↓↓

Continue Reading

小樽雪あかりの路2015は2/6スタート


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟おたる案内人1級のChiekoです。

寒い冬、いかがお過ごしでしょうか?北国には、寒い冬を楽しく過ごすイベントがいっぱいあります。

さっぽろ雪まつりを始め、私が行った事無くて、行ってみたいと思っている

  • 千歳・支笏湖 氷濤(ひょうとう)まつり
  • 音更町の彩凛華(さいりんか)
  • 層雲峡氷瀑(ひょうばく)まつり

などなど、調べるとまだまだイベントたくさんあります。

今日は、札幌から近くて、何度行っても楽しめる大人のためのイベントを紹介します。

それは、小樽雪あかりの路です!

ほぼ毎年訪れています。

「さっぽろ雪まつり」と違って、ど〜〜〜ん!どうだ!すごいだろう!という迫力は全くありません(笑)

とっても寒いのですが、心があったかくなるイベントです。

小樽の歴史を物語る運河と手宮線の跡地などを利用して手作りのキャンドルが灯されます。

私が思う小樽雪あかりの路の魅力は、日常と違う異国情緒を味わいながら手作りのキャンドルのあたたかなゆらぎの灯火をみつめつつたくさんのボランティアの想いを感じてあったかな気持ちで美味しいものを食べる事ができることです!

スノーキャンドルをひとつひとつ手作りでつくるというのは、とっても大変です。一度、ワックスボウルを作る体験をしましたが、一個作るのに結構な時間と体力を使いました。

作るだけではなく、メンテナンスも大変です。キャンドルの灯火のつけたり、消したり暖かくなったら溶けてしまったり、雪が降ったら上に積もったりするのでキレイな状態に保つのに手間がかかります。

たくさんのボランティアスタッフが必要ですが地元だけでなく毎年韓国等から参加してくれています。

会場がどんどん広がっています。本会場以外にもいろんな場所で開催されているので行った事がないところに行ってみようというモチベーションもあります。

小樽の企業や市民が会場じゃなくてもスノーキャンドルを作って、灯しています。ここがとっても素適です。頼まれてもいないのに、「小樽雪あかりの路」を盛り上げようとスノーキャンドルを自ら作っているところがたくさんあります。

これには、小樽愛を感じて、ほっこりします。

行くと間違いなく寒いのですが心はあったまります。

ぜひ小樽雪あかりの路の公式HPをご覧になってコンセプトなどもお読みいただいて、小樽に出かけていただければなと思います。

寒いので、防寒を充分に!ホッカイロ必須!靴は歩きやすく滑らないあったかい靴を!

小樽雪あかりの路2011

小樽雪あかりの路2011

 

 

アイムは、あなたの想いを発信します!!

とってもためになる藤村正宏師の ブログも見てね!↓↓↓↓

藤村正宏ブログ

情報発信を多くして、気持ちを盛り上げよう!


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟Chiekoです。

 

Facebookを眺めていて、小樽雪あかりの路」の投稿がいっぱいあって、とても嬉しい!

行った事のない会場の様子もわかり、それがオープニングだと知ると

来年はその会場を観に行きたい!と思います。

Facebookで小樽天狗山の様子を知って、来年は行きたいと強く想いました(笑)

 

写真で見ちゃったら、それで満足しちゃうんじゃないかと思われる方も

いるかもしれませんが、やっぱり生で体験するのは違います。

素敵な写真を見る事によって、行ってみたい!という欲求が高まります。

 

情報発信はおおいにしましょう!

いっぱいいろんな素適なことをしていても、伝わらないと意味がありません!

 

だっていろいろあるんですよ〜

◎バックヤードツアー◎冬の小樽がらす市◎小樽雪あかりの路 フォトコンテスト入賞作品展◎ワックスボウル製作体験◎小樽雪あかりの路記念スタンプラリー「地上ノホシサガシ6」◎雪あかりチェンバロコンサート◎商店街イベント◎総合博物館イベント◎小樽市立文学館・美術館イベント情報等

 

————————————————————————————————————

雪あかりの路期間中楽しめる、食い倒れ企画! おたべるトクトク体験きっぷ ― 喰いだおれ周遊券

好きなお店で、寿司のほか、麺類やスイーツが食べられるお得なチケット。 これを持って小樽の飲食店をハシゴしよう。(店舗によっては休みなどでご利用できない日や時間帯があります。) 体験きっぷ付きでは、トンボ玉作成体験や地酒飲み比べ体験、夜景が観賞できる天狗山ロープウェイとバスの切符セット、ワックスボウル製作体験、スノーオブジェ製作体験などさまざまな小樽の魅力が楽しむことができます。

おたべるトクトク体験きっぷ販売所は、「手宮線会場内 色内駅(文学館・美術館横)」となります。 ■日時:2月7日(金)~16日(日) 期間中毎日開催 ■料金:2,500円(寿司券+チケット2枚) 3,000円(寿司券+チケット1枚+体験きっぷ) ■販売・受付:手宮線会場内 色内駅(文学館・美術館横) ■受付時間:13:30~21:00(最終日は、20:00で受付終了)

————————————————————————————————————

プラス問い合わせ先が書いてありますが、参加店がわかりません。

好きなお店が入っているかいないか、HPで分かると嬉しいですよね。

 

情報は多い方が嬉しい!!

 

小樽雪あかりの路の写真をがどんどんFacebookにアップされると 私の想いもますます高ぶります!  

Continue Reading

寒い冬を温かな気持ちで過ごせるイベント


こんばんは!〝笑顔でコツコツ〟Chiekoです。

 

今年ももうあと少しで「小樽雪あかりの路」です。

第16回目の今回は、2/7(金)〜16日(日)です。

小樽運河、手宮線会場をメインとして、街全体がキャンドルの温かな灯火でいっぱいになります。

札幌雪祭りのように大型雪像はありません。

ほとんどがボランティアの手で一個一個作られたスノーキャンドルに

心が温かくなります!

 

このイベントの素敵なところは、地域の人の手で会場がどんどん広がっていること。

学校やPTA、商店街などの単位で参加したり、

スノーキャンドルを作って、自宅の前に飾っただけで、イベントの一つになります。

気持ちがあれば、だれでも参加して、観光客をおもてなしできるのです。

 

観光客としても、これはとても嬉しいです。

明かりがともっていると、自分達を歓迎してくれているような気になります!

 

何度も行っていますが、回を重ねるごとに人が多くなって来ました。

初めての方には、メイン会場をお勧めしますが、

2回目の方は、朝里川温泉会場をお勧めします!

 

夜のイベントなので、ほんと冷えますので、寒さ対策は万全に!

ホッカイロは必須です。

otaru_0890

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小樽雪あかりの路公式HP

 

アイムは、あなたの想いを発信します!!

とってもためになる藤村正宏師の ブログも見てね!↓↓↓↓

藤村正宏ブログ

1 / 212