スタッフブログ
アイムスタッフ・メンバー

「三日とろろ」身体に良い理由☆長いものお料理いろいろ2

「三日とろろ」身体に良い理由☆長いものお料理いろいろ

数年前「1月3日にとろろを食べる三日とろろ」と
いう風習をはじめて知りました
なるほど…という理由があるんですよ

年末年始…いつもと違う食環境の疲れた胃をいたわる
風邪の予防

そんな事から、「三日とろろ」を食べると
長生きをする
一年風邪をひかない と言われています

ネバネバ成分の「ムチン」は、胃散から胃を守ってくれます
タンパク質を効率よく消化吸収させる効果もあります
ナチュラルキラー細胞を活性化するサポニン…
書き始めたら、キリがないほどです (汗
しかもダイエット効果も期待できるとか〜


ヤマトイモ・ヤマイモもすごく美味しいのですが、
入手しやすい長いものお料理をいろいろ集めました

まずは、刻んだりおろしたり…スタンダード

刻み・おろし
ポン酢やダシで薄めたお醤油でいただきます
刻んだ長イモは、シャキシャキして食感がいいです


とろろご飯、朝でもするする食べられます

とろろごはん
正確に言うと「ズルズル」ですね 笑
子供の頃は食が細くて母を困らせたワタクシ
とろろご飯にたまごも混ぜて…
身体の弱い子供に栄養を〜と思った
母心なんでしょうね^^

 

山かけはお酒にもごはんにも合います

山わさびをたっぷり〜

まぐろを切ってから、下味をつけて
(お醤油とお酒半分づつ)30分ほどおきます
おろした長いもと合わせていただきます
こちらも道産の山わさび添えて

 

とろろをかけるだけ!おそばは「温」でも「冷」でもOK
 

20140223_1041524

冷たいおそばは、そばちょこを使わず
上からそばつゆをかける「ぶっかけ」
このぶっかけという言葉ですが
もともとは元禄時代、短気な江戸っ子が
「つゆをつけて食べるのはめんどう」と
つゆをかけて「ぶっかけ」と呼んだそうです

そして「かけそば」という言葉になって
現在では、温かいおそばに使うようになったとか


サラダでも美味しい長イモ

長いもサラダ

長イモは角切りにしてから、
酢を入れた水でアク抜きしました

たらこのドレッシングを作ってみました
マヨネーズ・たらこ・レモン汁などで
たらこの塩気が、これがあう♪
思いついた自分をほめました 笑

 

カンタンなお漬物も美味しいですよ

20151201_1907535

みそ漬け・梅肉漬け

白みそに日本酒・砂糖を混ぜたものに
4〜5日で食べられます

梅肉を叩いて、刻んだ梅肉をからめるだけ
こちらは数時間で食べられます
漬物というより、和え物に近い

お漬物は、時間がかかり、アクで変色しやすいです
酢を入れた水に数時間浸けるといいですよ


加熱した長イモも美味しいです

加熱した長いも

つまみ揚げとガレット

つまみ揚げは、白身の魚(この時はホッケ)とイカを
ミンチにして適当な大きさにして揚げます
このときおろした長イモをつなぎに使います
(がんもにも使います)
なぜか、長イモがないと美味しくできません


ガレットはじゃがいもで作るのがポピュラーでしょうね
ベーコンも細長く切って一緒にじっくり焼きます
粉チーズ・塩コショーだけの味付けです
小さめの深いフライパンで焼きました


むかごってご存知ですか?

むかごってご存知ですか?

むかごは、秋になると、長芋の葉の根元に
できるタネのようなもの
丸いのが「むかご」です
これが落ちて、芽を出します
食感も味も…長いもです(笑)

道東のシラウオと混ぜてかき揚げに
ホクホクと美味しい^^
おいもですからね
揚げてまずいわけがないですね

 

他にも、バター焼きや煮物
いろいろ作れます


クリスマス・忘年会・お正月・新年会
胃をいじめたら思い出してください


「1月3日はとろろの日」

北海道の長いも♪美味しいですよ^^

北海道の美味しい食材で〜164回目

北海道フードマイスターP子でした

この記事を書いた人

P子。
2019年3月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
アーカイブ